母性、パンダリング、および執筆に関する著者クレアヴェイワトキンスとのチャット

ペンギングループ経由の画像。

4年前、クレアヴェイワトキンスバトルボーンは、アメリカ西部の厳しさを掘り下げた短編小説の本で、重要な成功を収めました。バトルボーンは、その恐れを知らないこと、個人主義と努力の揺るぎない肖像画、売春婦、スカベンジャー、およびマンソンファミリーのメンバーの生活に対するワキンズの執拗な見方で有名でした。彼女は2015年にデビュー小説であるゴールドフェイムシトラスバトルボーンをフォローしました。

ゴールドフェイムシトラス、魅惑的で奇妙で素晴らしい本は、完全に現実的なディストピアの肖像画です。カリフォルニアは水が見えない状態で干上がっており、西部のほとんどは崩壊して不毛の荒れ地になり、モールや家など、かつて私たちを象徴していたものを消費しています自然の習得を想定。名前のないスターレットの廃墟となった家にしゃがんだ若いカップル、ルスとレイなど、カリフォルニアからの避難を拒否した人はごくわずかです。ルスとレイは、干ばつの文脈で富の物質的な象徴であるエルメスのスカーフとデザイナードレスに囲まれていますが、これらのオブジェクトはステータスを失い、ばかげた超現実的な愚かさのアーティファクトになりました。政府の失敗した保護宣伝の元ポスターチャイルドであるルスと、PTSDに苦しんでいる元兵士であるレイが赤ちゃんを見つけたのはここです。彼女の名前について尋ねられたとき、「Ig」の幼児の言葉を集めることができるだけである準放棄された少女。

子供たちが必然的にそうするように、IgはLuzとRayの進路を変えます。スターレットの放棄されたオートクチュールの中で生きることにもはや満足せず、新しい両親は東海岸に逃げるために出発しました。途中で、暴力的なカルトと、致命的でありながら魅力的な風景があります。人から風景へとシームレスに移動し、常に両者がつながる実存的な場所を見つける催眠小説です。

1年後、ワトキンスは、ゴールドフェイムシトラスが出版された後に登場したウイルスエッセイ「OnPandering」を執筆しました。そのエッセイで、ワトキンスは彼女が「白人至上主義家父長制」と呼んでいるもの、つまり良い文章とは何か、そして文学的な文章とは何かを決定する声を探求しました。彼女は書いた:

私はマイアミブックフェアでワトキンスにゴールドフェイムシトラスについて話し、「パンダリングについて」の後に書いた。母性から脆弱性、ジャンルの概念に至るまでの私たちの会話は編集され、凝縮されています。

先日、「On Pandering 」を読み直しましたが、特に現在の政治情勢において、出版から1年経った今でもその関連性に感銘を受けました。あなたは、本質的に男性のために、文学の確立のために本を書くことについて書きました。そのことに気づいた後、今のところ誰に書きますか?あなたはまだあなたが書いた偉大な文学者の声を聞いていますか?

私はまだそれらの声を聞いていますが、それらの声だけではありません。私は彼らを少し黙らせて、もう少し自分に似た何かを聞くことができます。私はそれを非常にローカルで非常に個人的なものに保つようにしています。私はこのジェスチャーを理解しようとするのをやめました。「パンダリングについて」では、それを「懇願」と呼んでいます。私は自分の文章やアイデアに満足し、面白い考えを考えようとすることにもっと集中しています。

それは私が以前書いていた方法の一部ではないということではありません。しかし、私が言える他の側面は実際にはありませんでした。それで行きなさい。」

あなたはもっと読むことによってそれをしましたか、それとも単にそれらの圧力を意識的に脱構築しましたか?

私はそれの多くがもっと読んでいて、私がきちんと思っていた修辞的なジェスチャーや文体の影響のいくつかがずっとやり過ぎであることに気づいていると思います。思ったほど新鮮でも独創的でもないので、変なことを許してくれました。

それの多くは、ジャンルのアイデアを少し手放すことと関係があります。最近、私はピースと呼ぶこれらのものを書いています。それがフィクションなのかノンフィクションなのかわからないということではなく、気にしないというだけで、私にとっては重要ではありません。私が座ってそれらを書くとき、私はそれが考慮されることができる全米図書賞のどのカテゴリーについて心配しません。それは間違いなく、バトルボーンを書いていたときに思っていたでしょう

私には大きな特権があり、実験して奇妙になり、読者が聴衆やジャンルについて自分で決心することを信頼するのに十分快適です。しかしまた、私がパンダリングしているかどうかにかかわらず。私は「もっと私」であるものを書いています、そしてそれが正しい読者を引き付けて、間違った読者を撃退することを願っています。

あなたはジャンルのアイデアを持ち出し、それで遊んでいました。あなたの2冊目の本、Gold Fame Citrusは、本当にジャンルで遊んでいます。サイエンスフィクションにはうなずきがありますが、それは分解されています。国内という言葉は使いたくありませんが、具体的な宇宙の構築に焦点を当てたアプローチではなく、関係に基づいたサイエンスフィクションのアプローチです。この本を空想科学小説だと思いますか、それともディストピア/破壊についての本ですか?

マーガレット・アトウッドや石黒和夫のような文学版を除けば、SFをあまり読んでいないこともあり、この本をサイエンスフィクションとはまったく考えていません。ですから、私はサイエンスフィクションを書くための準備も刺激も受けていませんでした。

私はたくさんの科学を読んでいます。私は科学や環境、自然界について考えることに多くの時間を費やし、フィクションもたくさん読んでいます。まさに終末論的、SF、クリフィ、エコディストピアの文脈で、結婚と子供を持つこと、信仰とお互いを信じることについての文芸小説であることは正しいです。

長い間、それは2冊の本でした。それは結婚に関するものであり、他のものはすべて場所であり、それはすべて砂丘とロサンゼルスであり、それはすべて説明でした。その本には一年かそこらの人がいなかった。その間、私はこの本当に退屈な、ミドルブロウのアップダイク志望の本を書いていました。「若くて恋をするのは難しいことではありませんか?」私がそれらをまとめるまで、どちらも興味深いプロジェクトではありませんでした。

あなたが人生で家庭的な瞬間を持ち、愛と優しさに焦点を合わせ、このクレイジーな災害の文脈で赤ちゃんの世話をしようとしているとしたらどうでしょうか?

母性は本の主要なテーマです。母性がフィクションへのアプローチを変えたとあなたが書いている「OnPandering」について考えていました。あなたは、ひるむことを望んでいることについてのエッセイに本当に素晴らしいラインを持っています。「私は「ひるまない」ことで称賛されたくありません。ひるみたい。広くオープンになりたい」と書いています。あなたはまた、これはあなたが母親になったことが一因であることを示しています。

あなたが書いているとき、あなたはどのようにひるむのですか?少なくとも私の経験では、母性はあなたを本当に予想外の方法で脆弱にします、それはどのように荒涼とした、異所性の風景につながりますか?

ゴールドフェイムシトラスがすでに出版された後、私は「パンダリングについて」を書きました。フェーズの順序は、本から「パンダリングについて」になります。私はその小説を書いている9ヶ月間妊娠していた。私は娘が生まれた後にそれをコピーエディットしました、そして私は死後に誰かの本に取り組んでいるように感じました—その人が死んだように。「彼女は何が欲しかったのだろうか?」と私は考え続けました。私にはわからなかった、私は以前の脳や美学にアクセスできなかった。

私は以前、感情的に強烈なものがあればあるほど、あなたの言語がそれを回避するのがクールである、またはセックスシーンでカーテンを引き戻さない、すべてを見せなければならない、このゆるぎないスタイルを大切にしていました。私はセックスについて書くことは力であると教えられました、そして私はあなたがあなたが強力であることを証明しなければならないことを意味すると解釈しました。私は女性なので、カーテンをスタイリッシュに引き戻すことができないような気がしました。

バトルボーンゴールドフェイムシトラスでそれをたくさん見ることができます。Gold Fame Citrusには、元のドラフトの3倍の長さの長く残忍なグループセックスシーンがあります。それは私が証明しなければならなかったものだと思います。私が「壊れやすい女性の体」を持っているからといって、それについて書くことを恐れているわけではないという考えです。私は女性の体に起こる残忍さにナイーブではありません。今、私は幸せな瞬間と喜びについて、そしてあなたを自動的に愛しているがあなたをあまりよく知らないあなたの子供のように、優しさや誰かを愛することについての紛らわしいことについてもっとたくさん書いていることに気づきます。マギー・スミスが数か月前に子供から物事を遠ざけることについて口コミで広まったその詩「GoodBones」について考えます...

様式的には、これまでのところ、主題の大きな変化のように見えます。また、私は非常に長い間行ってきた一種の執筆に注意を払い始めました。それは私がどこにでも持ち歩いているこれらの小さなノートです。昔、セラピストが私に課題を与えてくれました。あなたが悲しいときに戻って見ることができるように、あなたを幸せにするものを書き留めてください。私はそれを「自分を殺さない理由」と呼び始めました[笑い]、私はこれを何年も続けてきました、しかし私はこれを書くこととして本当に考えたことはありませんでした、私はそれを治療として考えました。もちろん、私は男性が支配する文学界から、セラピーとアートを本当に分離するように励まされ、訓練されてきました。「なんてフェミニンなフェイクパス...」

ええ、それはひよこを書くための道のようです...

完全に!今、私は「やめろ」のようです。多分私はその道を進んでいるのかもしれませんし、そうでないかもしれません。私が書いた私の友人エリサ・アルバートにこれらのほとんどの作品のいくつかを送った誕生した後  、これらのものはあります」、と私は彼女に尋ねましたか?これは芸術ですか、それとも退屈な主婦の治療用落書きですか?」そして彼女は、「なぜこれらが相互に排他的なアイデアであるのか、私にはよくわかりません」と述べました。

これは、私がここ数年で見たこれらの議論の1つであり、「あなたはアーティストであり、母親になることができますか?」という質問です。それらは常に、誤った二分法のように感じられるものを解明しようとしている善意の女性によって書かれています。芸術は不安であり、母性はそうではありません。しかし、問題は、少なくとも母親にとって、私たちの生活の大部分はアートではあり得ず、それらの感情を盗んでアートを作ることはできないと言われていることです。

はい、完全に。「OnPandering」では、友人のアニー・マグリーヴィーについて話していましたが、当時、彼女に「象を撃つ必要があります」と言っていました。彼女は、「あなたは自分の体で人を作っている、それはクソ象を撃つよりはましだ」と答えた。あなたはあなたの体で人を作っている、あなたはあなたの結婚を成功させようとしている、あなたは他の人を生かし続けようとしている、あなたはあなたの性質にもかかわらずまともなことをしようとしている、それはかなりクソ叙事詩です。しかし、それは長い間叙事詩とは見なされていませんでした。それは残念だと思います。

守備の極意を目指している多世代の叙事詩のような女性から、本当に善意のある本が送られてきます。あるいは、大きくて重要な本になり、芸術的に苦しんでいます。彼らはそのように書く必要がないので、私の心はこれらの作家に向けられます。または多分あなたはそうします、私は知りません。それは確かに私にとって成功した戦略でした。

But I do see a lot of newly mothered women who are writing in a much more fragmented, impressionistic, lyrical, language-driven way. For me, when I’m breastfeeding, I can’t think of a 300-page narrative arc and, also, I don’t see the world like that anymore. When I’m waking up every 90 minutes, the world becomes a really fragmented, dream-like, lyrical place, so that aesthetic doesn’t really apply. If I were going to try to write a book like that now, it would be a lie.

I see these list of women artists/writers who have never had children, as though there’s some kind of profound point to be made there. But as you point out in “On Pandering,” it’s somebody else’s narrative about what art is and where women fit into art.

It’s also this all or nothing thing. It’s an extreme binary—I did it bit earlier myself—between men’s writing or women’s writing; between narrative-driven epic novels and smaller, more fragmented, domestic pieces. Or when I evaluate my own work, I still ask, “Is this art or is this a mom blog?” It would be wonderful if our kids came up in a world where mom blogs were art if they were fucking good enough—if that was the only criteria they had.

That’s why I brought up ditching genre. I don’t think genre has been good or particularly helpful to women. I’ve been reading Tilly Olsen’s book Silences and she talks a lot of about how so many art monster women that we look up to didn’t have children, or someone like Susan Sontag ditching her kid and going to Paris and living her life. I’m so envious of her sometimes but I also don’t want to be the person who ditches my kid.

For a woman, or at least for me, it would be a real moral sacrifice. I meet so many dude writers who brag about how long they’ve been on book tour or on the road and I always ask, “What does your family think about that?” Half the time, they’re like, “I never asked,” as though it never occurred to them to wonder.

I did want to talk about motherhood in Gold Fame Citrus. Motherhood is really associated with loss in the book. At one point Luz refers to herself and Ray as orphans, even though they aren’t in a traditional sense. She and Ray adopt this baby, Ig, who has essentially been abandoned and Dallas has a stillborn baby. Even in the ending as well, there’s this huge devastating loss.

I’m glad you teased that out. I think what’s going on there is maybe a counter-narrative to the idea that stories about motherhood are fluff. I read so many books by male novelists who just don’t seem to realize that they’re going to die one day. One of the things that motherhood does to you, it definitely makes you realize that you’re going to die and that everyone you love is going to die. It becomes a very severe sensibility.

In Gold Fame Citrus, I was playing out a lot of my fear scenarios. I wasn’t a mother but I was thinking very much about coming one and, for part of writing the book, I was pregnant. I was kind of working out worst case scenarios. And, for me, my mother committed suicide, so motherhood and death are all tangled up. Beyond that, your body undergoes this harrowing, life-threatening thing to even have a baby. I had a really rough birth, I had a C-section and I felt like I had been brutalized by the process. And yet, I loved this little blob more than anything ever before. So, death and life are always together right at the surface.

In the novel, Luz has such a willingness to suspend disbelief. You have a really nice line in the book that she “needed to believe the lies in order to put one foot in front of the other,” that she needed to believe that the baby was going to live. Even though this is a fictional dystopia, that sentence—or that feeling—felt very realistic.

There are a few moments in the book where I think, “That holds up,” especially now that I’m a mother and can imagine what Luz was dealing with although in a much chiller atmosphere. You have to practice this kind of magical thinking or else how could you get through the day?

One of the other interesting things about Luz is that she is in this difficult situation. She’s stuck in California, there’s no water, stuck in the surreal starlet’s abandoned house, but she is who she is, her coping mechanisms to survive remain the same, she never changes. Maybe it’s me but I felt like that was very honest.

I’m going to use that. I get a lot of feedback from people wondering why Luz doesn’t pull herself up by her bootstraps or become empowered and strike out on her own. So many readers have said to me, “I would have like if this did X empowering thing,” and I always say, “Damn, me too. I would have loved that!” But given where Luz has been, it’s hard enough for us here at Miami Dade College [where the interview was taking place] to act in an empowering way, we’re not yelling out “I feel fine in my body!” Let alone if, like Luz, you grew up as an object and propaganda symbol and your dad is selling you out. Then she becomes a model, which is a living symbol, a kind of robot. There’s not much available to Luz, she doesn’t have as much freedom as those readers would like.

It’s not that I think she deserves it, I’m just not writing a brochure about how great womanhood is.

Landscape is a theme that is present in both of your books. You seem to have this sense that the place can very much determine the self. I find that idea really interesting, that birth certificates can have this significance that we don’t consciously think about.

It’s not exactly the birth certificate itself but they’re the beginning of origin myths and storytelling. In the American West, your story starts with you, when you’re born. With other regions or cultures, it might start with your grandparents or your great-grandparents. There’s a reason that there’s no Midnight’s Children version of a California story, people are newer—people of European descent—it’s a more migratory population.

You’re not living in a place where your grandparents lived or where your great-grandparents are buried on a hill nearby and you know what it means to be “a Watkins.” I have no idea what it means to be a Watkins, I just felt like I could make it up as I went along. That’s really cool and freeing and it’s responsible for a lot of the New Age phenomena or quirky individualism or oddballs—but you’re also on your own.

The place — a long time ago, one of my teacher’s said, “We are who we are because of where we are,” and I think that’s been true for me. The more I learn about the place I came from, the Mojave Desert, the more I think, “Of course I see things this way!” My dad was in the Manson Family and my grandmother worked at Caesar’s Palace for her whole life. What other person could I be?

提案された投稿

ジュラシックパークドミニオンがボッフォボックスオフィスを作るので、恐竜はまだ地球を支配しています

ジュラシックパークドミニオンがボッフォボックスオフィスを作るので、恐竜はまだ地球を支配しています

ジュラシックワールドドミニオンのクリスプラットそれは人々がまだそれらのジュラシックパーク映画を本当に好きであることがわかります。フランチャイズ全体で最悪のレビューを受けたにもかかわらず、ジュラシック・ワールド・ドミニオンは、トム・クルーズが飛行した非常にリアルなF-14を、CGIティラノサウルスのように興行収入を打ち負かしました。

サラポーリーは、テリーギリアムのバロンムンチャウセンの冒険から彼女の傷跡を詳しく説明します

サラポーリーは、テリーギリアムのバロンムンチャウセンの冒険から彼女の傷跡を詳しく説明します

バロン・ムンチャウセンの冒険のサラ・ポーリー俳優のサラ・ポーリーは、テリー・ギリアムのバロン・ムンチャウセンの冒険に出演したとき、生涯のチャンスを得ました。その後、トロントの幼稚園の教室でグループの曲「シットオンマイフェイス」を演奏したことで最もよく知られている9歳のモンティパイソンファンであるポーリーとパイソンを愛する両親は、ギリアムだけでなく映画のスターエリックアイドル。

関連記事

Netflixは、新しいティーザー広告でイカゲームのセカンドシーズンに青信号を出します

Netflixは、新しいティーザー広告でイカゲームのセカンドシーズンに青信号を出します

イカゲーム誰もが驚くことではありませんが、ほぼ全員が安心して、Netflixの世界的なヒット作であるイカゲームが次のシーズンに戻ってきます。私たちはこれをしばらくの間知っていました。

ゲイリー・オールドマン、グリーヴァス将軍、スター・ウォーズの最悪の予約済み前日譚バディ

ゲイリー・オールドマン、グリーヴァス将軍、スター・ウォーズの最悪の予約済み前日譚バディ

スターウォーズの楽しみの一部は、有名な俳優がその多くの映画やショーの1つに突然登場するのを見ることです。サム・ジャクソンやミン・ナ・ウェンと同じように、彼らは重要なキャラクターとしてそこにいるのかもしれません。ザックブラフやフォレストウィテカーのようなカメオ。

LaMelo BallはLaVarをすべて間違った方法で追いかけていますか?

LaMelo BallはLaVarをすべて間違った方法で追いかけていますか?

ラメロボール一部の家族では、木から遠く離れていないリンゴは、親とその子孫を説明するのに最適な方法です。これは、ビジネスが関係しているLaVarとLaMeloBallの場合のようです。

ジョジョの奇妙な冒険とプロメアの声優であるビリー・カメッツが35歳で亡くなりました

ジョジョの奇妙な冒険とプロメアの声優であるビリー・カメッツが35歳で亡くなりました

アニメとビデオゲームの声優であるビリー・カメッツは35歳で亡くなりました。カメッツのクレジットには、ジョジョの奇妙な冒険の英語吹き替えで東方城輔の声が含まれています。 、4月にステージ4の結腸癌と診断されました。

MORE COOL STUFF

ケイト・ブランシェットは3日間一緒に夫と一緒に寝て、25年経ってもまだ夫と結婚しています

ケイト・ブランシェットは3日間一緒に夫と一緒に寝て、25年経ってもまだ夫と結婚しています

ケイト・ブランシェットは、夫に会ったとき、典型的な交際のアドバイスに逆らいました。

マイケルシーンが非営利の俳優である理由

マイケルシーンが非営利の俳優である理由

マイケルシーンは非営利の俳優ですが、それは正確にはどういう意味ですか?

ホールマークスターのコリンエッグレスフィールドがRomaDramaLiveでスリル満点のファンと出会う![エクスクルーシブ]

ホールマークスターのコリンエッグレスフィールドがRomaDramaLiveでスリル満点のファンと出会う![エクスクルーシブ]

特徴的なスターのコリン・エッグレスフィールドは、RomaDrama Liveでのスリル満点のファンとの出会いについて料理しました!加えて、大会での彼のINSPIREプログラム。

「たどりつけば」をオンラインでストリーミングできない理由

「たどりつけば」をオンラインでストリーミングできない理由

ノーザンエクスポージャーが90年代の最も人気のある番組の1つになった理由を確認するには、Blu-rayまたはDVDプレーヤーをほこりで払う必要があります。

このドキュメントは、戦闘機のパイロットであることが実際に吸うことができる理由を示しています

このドキュメントは、戦闘機のパイロットであることが実際に吸うことができる理由を示しています

3週間で900ページを覚える必要があります。後続のテストの合格点は85%で、ほとんどのスコアは95%を超えています。

私がスプラトゥーンの新しいものを試してみるのを見てください、ライブ[完了!]

私がスプラトゥーンの新しいものを試してみるのを見てください、ライブ[完了!]

8月の大きなアップデートがここにあります!地獄、Splatfestは(ほぼ)ここにあります!一緒に体験してみましょう。太平洋標準時の5:35頃から、スプラトゥーンの試合をライブストリーミングで視聴できます。Twitchに参加する場合は、スプラトゥーン、他のゲーム、一般的な生活など、ほとんどすべてのことについてチャットしたいと思います。

ストローでケチャップボトルの詰まりをすばやく取り除く

ストローでケチャップボトルの詰まりをすばやく取り除く

詰まったケチャップボトルほど、フライドポテト関連の熱意を弱めるものはありません。ボトルを打ち込んで提出するのは約半分の時間ですが、実際に物事を再び流すには、少し空気を入れる必要があります。

Ballghazi Takesが復活し、これまで以上に非常識になりました

Ballghazi Takesが復活し、これまで以上に非常識になりました

昨日、ボールガジは、スーパーボウルチャンピオンのニューイングランドペイトリオッツがクォーターバックのトムブレイディと彼のチームメイトが握りやすくするために意図的にボールを規制圧力以下に収縮させたかどうかを調べることをNFLの任務に就いたテッドウェルズが驚異的なクライマックスに達しました投げる—そうです、ペイトリオッツはおそらく詐欺師をだましていることがわかりました。陰謀!隠ぺいする!NFLをカバーし、意見を述べるために支払われたコラムニストやジャーナリストの大群は、ほとんどの場合悪いです。

Zendaya Wishes Boyfriend Tom Holland Happy Birthday with Cuddly Photo: He 'Makes Me the Happiest'

Zendaya Wishes Boyfriend Tom Holland Happy Birthday with Cuddly Photo: He 'Makes Me the Happiest'

Zendaya shared a sweet photo in honor of boyfriend Tom Holland's 26th birthday Wednesday

小さな女性:脳卒中を患った後に病院から解放されたアトランタのジューシーな赤ちゃん:「まだ癒し」

小さな女性:脳卒中を患った後に病院から解放されたアトランタのジューシーな赤ちゃん:「まだ癒し」

シーレン「Ms.JuicyBaby」ピアソンは、先月脳卒中で入院した後、「もう一度たくさんのことをする方法を学ばなければならない」ため、言語療法を受けていることを明らかにしました。

エマストーンは彼女のクリフサイドマリブビーチハウスを420万ドルでリストアップしています—中を見てください!

エマストーンは彼女のクリフサイドマリブビーチハウスを420万ドルでリストアップしています—中を見てください!

オスカー受賞者の世紀半ばの家には、3つのベッドルーム、2つのバス、オーシャンフロントの景色があります。

ジーニー・メイ・ジェンキンスは、母乳育児の経験の中で、彼女は「本当に、本当に落ち込んでいる」と言います

ジーニー・メイ・ジェンキンスは、母乳育児の経験の中で、彼女は「本当に、本当に落ち込んでいる」と言います

ジーニー・メイ・ジェンキンスは、生後4か月の娘、モナコに母乳育児をしていると語った。

すべてが過大評価されています

すべてが過大評価されています

高価なレストランからの貴重な教訓の1つは、「レモンチーズケーキを食べたら、やめられない」とクライアントから言われたことです。「私が始めたら、まるでケーキ全体を終わらせなければならないかのようです」人間は自分の偏見に挑戦するのがあまり得意ではありません。

相互メンターシップについて:子供たちに良いこと、あなたは彼らを必要としています

相互メンターシップについて:子供たちに良いこと、あなたは彼らを必要としています

少し前のことですが、私が一種の嫌いな人だった時期がありました。2009年のことで、ブランドサイドでのキャリアを経て、エージェンシーに就任したばかりでした。古いアイデアを再利用し、進歩を恐れた企業が支配的なキャリアであり、停滞状態が遍在するようになりました。

プロダクトマネージャーの唯一の最も重要な責任

何年にもわたって、私は多くのフレームワーク、アプローチ、およびツールを使用しました。私は、製品開発とライフサイクルのさまざまな分野に焦点を当てて、多くのフェーズを経ました。

Tags

Categories

Top Topics

Language