10エピックマジックトリックの失敗

2015-07-20
魔法のトリックは、まあ、トリッキーになる可能性があります。彼らがうまくいかないとき、結果は軽度の困惑から深刻な怪我や死に変わる可能性があります。

マジシャンのトリックが途中で失敗したときのように、いくつかの魔法の事故は笑えるものです。隠されたアシスタントが現れ、カードが頭上を飛ぶのではなく地面に散らばり、バニーがシルクハットから出ることを拒否します。暗い面では、うまくいかない幻想は重傷やさえも引き起こす可能性があります。失敗した魔法は、叙事詩的に陽気なものから叙事詩的に悲劇的なものまでさまざまであり、スペクトルの両端からの失敗を調査します。

いくつかの魔法のトリックは実際には信じられないほど危険です。特に弾丸受け止め術は、パフォーマーが行う最も危険な魔法のトリックの1つです。それは非常に危険なので、魔法が間違った世界に複数回登場します。弾丸受けはそれがどのように聞こえるかです。誰かが魔術師や助手に銃を撃ち、それを「捕まえ」ます。手に、歯の間に、劇的なものは何でも。しかし、弾丸受け止めの失敗は冗談ではなく、この幻想が崩壊したとき、少なくとも15人の魔術師またはその助手が重傷を負い、さらには殺されました[出典:Magic.com ]。

弾丸を捕まえることから剣を飲み込むこと、生きたまま埋葬することまで、マジシャンは私たちを楽しませるためだけにあらゆる種類の危険な状況に身を置きます。物事は必ずしも計画通りに進むとは限りません。

コンテンツ
  1. チャン・リン・スーの「ボクサーによる死刑を宣告された」
  2. デリンスキー夫人の弾丸受け止め
  3. 引田天功の「死に直面したスパイクイリュージョン」
  4. ジョセフ・ブリュスの棺桶の脱出
  5. ハンニバルヘルムルトの剣呑み
  6. GeraryDoggeの「Shadows」
  7. ジェネスタの「ミルク缶脱出」
  8. ハリーブラックストーンのオレンジボウルクイーンの外観
  9. デビッド・ブレインの「ダイブ・オブ・デス」
  10. ユリ・ゲラーの「トゥナイトショー」スプーン曲げ

10:チャン・リン・スーの「ボクサーによる死刑を宣告された」

ロンドンのマジックサークル博物館に展示されているチャン・リン・スーのローブと魔法の小道具。

マジシャンのウィリアム・エルズワース・ロビンソンは、20世紀初頭にチャン・リン・スーという名前で演奏しました。今日の観点から、彼の行為全体は人種差別的なものとして出くわします。ロビンソンはスコットランド系のネイティヴニューヨーカーで、アジアのペルソナを引き受け、生きている中国の魔術師から名前を盗み、偽の中国のジブリッシュでステージ上でのみ話しました[出典:Faraci ]。(「ティファニーで朝食を」のミッキー・ルーニーを考えてみてください。しかしもっと悪いことです。)ロビンソンの行為では、彼は銃殺刑で死刑を宣告されました。1900年頃のボクサーの反乱、中国での反帝国主義の反乱の失敗に賛成して、彼は自分の行為を「ボクサーによる死刑を宣告された」と呼んだ。上品。

ロビンソンのトリックの鍵は、秘密のセカンドバレルを備えた銃でした。観客は本物の弾丸を銃に装填しましたが、実際に発射されたのはもう一方の銃身からのブランクでした。1918年3月23日、彼が銃を適切に掃除するのを忘れたときまで、ショーの後のショーで彼にとってそれはスムーズに機能していました[出典:黒]。蓄積された粉末により、ブランクと実際の弾丸の両方が同時に発砲しました。弾丸はロビンソンの胸を打った。

弾丸が当たったとき、ロビンソンは彼の中国人のペルソナを引き受けて以来、初めてステージでキャラクターを壊しました[出典:Faraci ]。彼の最後の言葉は、「なんてことだ。何かが起こった。カーテンを下げなさい」だった。

9:マダムデリンスキーの弾丸キャッチ

魔術師ジョージグリモンドは、138年前にマダムデリンスキーを殺したものと同様の弾丸受けトリックを1958年に実行します。

ポーランド人の夫婦マジシャンデュオであるデリンスキー家は、事態が悪化した1820年に、ドイツの王子とその家族の前で弾丸受け止め術を行っていました。デリンスキー夫人は夫の助手を務め、妊娠中の妻がステージで射殺されるのを見ていた。

彼らの弾丸受け止め方法は、チャン・リン・スーのものとは少し異なっていました。本物の弾丸1発とブランク1発を装填する代わりに、彼らはすべてのブランクとプロの兵士の分隊を使用して、一度に6発の銃を発射しました。彼らの武装勢力は、演技中に実際の装填と射撃を行いました。

その時、弾丸は銃に弾丸を入れる前に噛まれた紙に包まれて来ました。兵士たちは、包み紙をかじるだけでなく、弾丸全体をこっそりとかみ、空白に交換することになっていた[出典:Steinmeyer ]。

ドイツでの公演に参加した兵士の1人は、舞台を少し怖がり、銃を装填する部分で自動操縦に戻りました。彼は弾丸全体を噛み砕いてブランクと交換するのを忘れていました。デリンスキー夫人は本物の弾丸で腹を撃たれ、妊娠を失い、2日後に傷で亡くなりました[出典:DeMain ]。

8:引田天功の「死に直面したスパイクイリュージョン」

2010年にマイケルジャクソンの記念品のオークションに参加した引田天功姫。

日本のマジシャン、引田天功(本名引田天功)は釘のようにタフです。または、本当に。「死に直面したスパイクイリュージョン」と呼ばれる彼女のイリュージョンの1つを実行するとき、物事はひどく間違っていましたが、彼女は押し通して行動を終了しました。あなたはおそらくこの古典的な剣箱のトリックのバージョンを見たことがあるでしょう。魔術師は箱に入り、助手は剣を箱に打ち込み、魔術師は最後に無傷で現れます。時々役割が交換されます。2007年の夏、Tenkoのパフォーマンスは、そのトリックが通常行うほどきれいに終了しませんでした。

日本の鯖江でルーチンを実行しているときに、機械的な故障により、彼女が箱の中にいる間に剣が天光にぶつかり、いくつかの肋骨と彼女の右頬骨が壊れました[出典:日本ゾーン]。彼女のマネージャーによると、剣の1つが、テンコの右目を刺すのに危険なほど近づいた[出典:BBCニュース]。

剣は引田天功を箱に固定し、彼女の助手は彼女を解放するためにそれらを取り除く必要がありました。彼女がついに現れたとき、テンコは彼女の衰弱させる怪我にもかかわらず彼女の行動を30分間続けました。伝えられるところによると、彼女は肋骨の骨折よりも、今後のショーをキャンセルしなければならなかったことに腹を立てていた[出典:BBCニュース]。ショウ・マスト・ゴー・オン!

7:ジョセフ・ブリュスの棺桶の脱出

Harry Houdini prepares for a coffin escape stunt in 1926.

Joseph Burrus was the self-proclaimed "Next Harry Houdini." There's one thing he ended up having in common with Houdini: They both died on Halloween . Unlike Houdini, though, who died after a punch to the gut ruptured internal organs, Burrus died in front of an audience while performing a stunt. On Oct. 31, 1990, he was crushed to death while performing a coffin escape trick [source: UPI]. It's a common trick among escape artists, and it's also an incredibly dangerous one.

This is another trick that is what it says it is. The magician – often in chains – gets into a coffin. A team lowers the coffin into the ground and fills the hole up with dirt. The idea is to escape both the chains and the grave before running out of air.

A recovering drug addict, Burrus was performing as part of a benefit for the recovery clinic that helped him overcome his own addiction . This was not his first coffin escape, but it was his first one using cement as well as dirt [source: UPI]. He was chained up, placed in a coffin made of glass and plastic, and lowered into a hole in the ground. A truck began covering the coffin with wet cement. So far, everything was going according to plan.

After a few minutes, Burrus essentially called for a time out, because one of the chains was choking him. Once he'd adjusted the chains, he climbed back into the coffin and resumed the act. He should never have gotten back in. Almost as soon as the hole was full, the audience – which included small children – heard a crash. The coffin had caved in under the combined weight of the dirt and cement. Rescuers weren't able to dig Burrus out in time to save his life.

6: Hannibal Hellmurto's Sword Swallowing

Hannibal Hellmurto, a sword swallower from the Circus of Horrors troupe, performs in London in 2015.

Sword swallowing is no illusion. Hannibal Hellmurto swallowed several different swords during his act in the March 2012 "Circus of Horrors" show in the U.K. before things went terribly wrong. His final trick was to swallow a neon sword, a feat so dangerous that most sword swallowers shy away.

A neon sword is basically a battery-powered neon light bulb, similar to the ones you see in the ceiling of most office buildings. The major concern with this trick is that if something does go wrong, you can end up with broken glass inside of your body. That isn't what happened to Hellmurto, though. Instead, he accidentally tore a 4-inch (10-centimeter) hole in his trachea [source: McQueeney]. Like Princess Tenko, Hellmurto finished his act before collapsing offstage.

The rupture occurred in a section of Hellmurto's windpipe that made it inoperable, so after doctors drained the blood that had pooled in his lungs , Hellmurto had to convalesce for five weeks until he healed completely. He couldn't eat or drink, and for the first couple of weeks he couldn't even speak. Twelve weeks later, he was back to training, and just nine months after his injury, he was back to performing [source: O'Connor].

5: Gerary Dogge's "Shadows"

Raymond Teller, the silent half of the magic duo Penn & Teller, onstage in New York in 2015.

Not every magical mishap lands someone in the hospital or the morgue . Magicians are people too, and they sometimes make just plain terrible choices – choices like stealing. This one might be more of a legal magic trick than a magical fail. Raymond Teller, of the magical duo Penn & Teller, successfully sued a Belgian magician for stealing one of his routines called "Shadows."

The trick involves a very specific setup and series of moves to give the illusion that Teller is pruning a flower by "cutting" its shadow rather than the flower itself. He mimes cutting the flower's shadow, and the audience sees the same leaves falling off the flower itself. Magician Gerary Dogge copied "Shadows" and posted a video of himself performing the trick on YouTube. Teller sued.

Here's the thing: You can't copyright a magic trick, and that's probably what Bakardy was banking on. Unfortunately for him, in March 2014 a Nevada judge ruled that "Shadows" was more a pantomime than a magic trick, and in the United States pantomimes can be copyrighted. It's the specifically planned moves that fall under copyright protection, much in the same way that the specific choreography of a dance performance can be protected. Teller had even registered "Shadows" as a pantomime with the U.S. Copyright Office back in 1983, along with a detailed illustration of the trick, which strengthened his case [source: Gardner].

A final default judgment came down in October 2014, and the judge ordered Dogge to pay Teller $15,000 plus $530,000 in attorney fees, and banned Dogge from performing "Shadows" in the future. The $15,000 was 10 percent of the damages that Teller sought, and the attorney fees were about half of what he wanted, but that's still a steep price to pay for one magic trick [source: Mazumdar]. Dogge's videos had received fewer than 30 total views on YouTube before the company took them down. More than half a million dollars for 30 views definitely classifies this as a total disaster.

4: Genesta's "Milk Can Escape"

A milk can used by Harry Houdini on display in 2010 at New York City's Jewish Museum.

Royden Joseph Gilbert Raison de la Genesta, who performed simply as Genesta, was attempting Houdini's "Milk Can Escape," an act that he'd successfully completed many times before. The escape artist used a trick setup to free himself after his assistants had elaborately locked him up. A mechanical malfunction thwarted his escape at a 1930 performance [source: Kalush].

The outside of his milk can had six locks and a large, metal cover, but a secret hatch automatically opened the whole apparatus when you pushed on it from the inside. Unbeknownst to anyone, the hatch had been dented earlier that day when the milk can was being unloaded, preventing the apparatus from working properly.

Genesta didn't notice the dent before his performance, so he climbed into the can, and his assistants filled it up with water, as usual. They locked him in and gave the six keys to six different audience members. Distributing the keys this way unfortunately meant that when his assistants realized that something was actually wrong, chaos broke out in the audience. Genesta was banging frantically on the side of the can, and everyone was scrambling to help – including Genesta's wife, who was in the audience. This just caused more confusion and wasted time [source: Kalush].

A doctor on hand was able to resuscitate Genesta when his assistants finally freed him more than two minutes later. They rushed him to the hospital, but he never fully recovered from his near drowning [source: Kalush]. He died in the hospital that same evening.

3: Harry Blackstone's Orange Bowl Queen Appearance

Harry Blackstone, Jr., pictured here in 1980, was the son of famous stage magician The Great Blackstone.

Harry Blackstone, Jr.'s magical failure didn't kill him, but it certainly bruised his reputation as one of the world's greatest illusionists [source: Mundo NoRain]. He was performing in a half-time show during the 1987 Orange Bowl football game when things began to go wrong. Blackstone fumbled his way through his whole act, and the awkward performance culminated in a technical problem that revealed the secret behind one of his illusions.

For his final trick, Blackstone was going to make Myrka Dellanos, the Orange Bowl Queen, appear out of thin air. When they rehearsed, though, she must not have been wearing the long cape that goes with her title. Here's how the trick was supposed to go down: a large box comes up from under the stage, and Blacksone's assistants show you that it's completely empty. Then they close the box, and when it reopens Dellanos magically appears within.

Unfortunately for Blackstone, the big reveal was neither what he nor the audience expected. The trick basically used an elevator to raise Dellanos out of the floor inside of the mirrored box, but her cape got caught. When they reopened the box, everyone saw Dellanos stuck halfway [source: Mcleod]. Blackstone tried to block the audience's view with his body while the elevator completed its trip, but what was going on was painfully clear. What would the Alliance of Magicians have said? Blackstone's snafu followed him around for years afterward [source: Donaghy].

2: David Blaine's "Dive of Death"

Magician David Blaine hangs above developer Donald Trump during a press conference promoting "David Blaine: Dive of Death."

David Blaine's magical mishap also aired on live television, this time during his very own ABC special. There had been a lot of buildup to Blaine's 2008 "Dive of Death," without much detail about what was going to happen in the performance [source: Pang]. Blaine's failure was less a spectacular flub, and more a slow burn.

The dive turned out to be a 44-foot (13.4-meter) jump to the ground from a platform above Central Park . Blaine had spent the previous 60 hours hanging upside down above the park, which was supposed to add a death-defying layer to the jump at the end. That's where this slow-motion magical mess began. He took 10-minute breaks every hour, which many spectators considered cheating [source: Thompson]. The negative buzz meant that when it was time for Blaine's televised dive, he was already on slippery footing.

On the evening of the routine, ABC had to push Blaine's jump back 15 minutes to air a televised presidential address [source: Pang]. Really, you can blame George W. Bush for what happened next. During the delay, the wind in Central Park kicked up, and ABC convinced Blaine to ditch some of the trappings of the trick for safety's sake.

After diving straight toward the ground, Blaine was supposed to fly away on magical balloons just before impact. Without the balloons, his performance was more in line with a slow, awkward bungee jump. He leapt down, then his techs slowly raised him back up, and he disappeared. The disappearance part was kind of a neat trick, but a letdown after so much pre-show fanfare. The audience booed; even Blaine admitted later that the trick was a complete flop [source: Pang].

1: Uri Geller's "Tonight Show" Spoon Bending

Uri Geller returned to the "Tonight Show" stage in 2000 to amaze Jay Leno, 27 years after former host Johnny Carson asked another magician to debunk Geller's abilities.

You could almost feel bad for illusionist Uri Geller, except that his failed "Tonight Show" performance launched him to superstardom [source: Higginbotham]. The magician's act was all about his psychic abilities. It included tricks like spoon-bending and using his psychic powers to find water, and skeptic magician James Randi was determined to expose him as a fraud.

Randi is a self-described scientific investigator. He was appalled at how easily people were duped by his own staged psychic feats and became determined to expose others. He offered a prize of $1,000 to any illusionist who could scientifically prove their own powers as real. Over the years, Randi increased that reward to $10,000, but even with that much money on the table few magicians were willing to undergo his scrutiny [source: Higginbotham].

1970年代初頭、ランディはゲラーに注意を向けました。彼はタイム誌と協力してゲラーのトリックを公開し、1973年にゲラーが「トゥナイトショー」に出演する予定だったとき、ジョニーカーソンはランディにゲラーが彼の行為で誤った方向を使用できないようにするのを手伝うように頼みました。ランディはパフォーマンスの前にゲラーのすべての人々をセットから遠ざけました、そして彼らの助けなしで、ゲラーの行為はフロップでした。彼のセグメントの間に、彼のトリックが生放送のテレビでうまくいかないので、あなたはゲラーがヘッジしているのを見ることができます。彼は屈辱を残しました[出典:Higginbotham ]。

しかし、本当の魔法は撮影が終わった後に起こりました。ゲラーの困惑は視聴者を魅了し、信者たちは彼の失敗は彼の行為が本物であることを証明しただけだと言った。結局のところ、彼がトリックを使用していた場合、彼は決してオフナイトを持っていなかったでしょう?ゲラーは、ジェイ・レノをホストとする「トゥナイト・ショー」への2000年の復帰を含む、より多くのテレビ出演を予約し、ランディとの彼の確執はその後何年も続いた[出典:ヒギンボサム]。

多くの詳細情報

著者のメモ:10の壮大な魔法のトリックの失敗

正直に言うと、この割り当てを受けた瞬間から、私が考えることができたのは、「アレステッド・ディベロプメント」のゴブ・ブルースだけでした。この記事では、少なくとも1つのBluthタイプの魔法のフェイクパスを使用することにしました。魔法が間違った領域では恐ろしい事故がたくさんあるので、ハリーブラックストーンのオレンジボウルフラブは、パンクしたウィンドパイプと致命的な銃撃からのさわやかな休憩だと思いました。ブラックストーンのページを読んだとき、私が書いたときのように、ヨーロッパの壮大な曲「ザ・ファイナル・カウントダウン」が頭をよぎったことを願っています。

関連記事

ソース

  • パリのAP。「『ウィリアム・テル』スタントはうまくいかない。」保護者。2001年1月16日。(2015年7月9日)http://www.theguardian.com/world/2001/jan/16/3
  • BBCのニュース。「ソードトリックで負傷した魔術師。」2007年7月24日。(2015年7月8日)http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6913036.stm
  • 黒、アネッタ。「病的な月曜日:チャン・リン・スーと恐ろしく間違った弾丸のトリック。」アトラスオブスキュラ。2011年5月23日。(2015年7月9日)http://www.atlasobscura.com/articles/morbid-monday-chung-ling-soo-the-bullet-trick-that-went-horribly-wrong
  • デメイン、ビル。「弾丸受けを実行して死んだ6人の魔術師。」メンタルフロス。2011年8月23日。(2015年7月9日)http://mentalfloss.com/article/28590/6-magicians-who-died-while-performing-bullet-catch
  • ドナジー、ジェームズ。「マジックトリックが失火したとき。」保護者。2007年7月24日。(2015年7月13日)http://www.theguardian.com/stage/theatreblog/2007/jul/24/whenmagictricksmisfire
  • ファラシ、デヴィン。「ステージ上で射殺された魔術師。」誕生。映画。死。2013年3月12日。(2015年7月9日)http://birthmoviesdeath.com/2013/03/12/the-magician-who-was-shot-to-death-onstage
  • ガードナー、エリック、「テラーはコピーされたマジックトリックのパフォーマンスで訴訟に勝ちました。」ハリウッドレポーター。2014年3月21日。(2015年7月9日)http://www.hollywoodreporter.com/thr-esq/teller-wins-lawsuit-copied-magic-690347
  • ヒギンボサム、アダム。「驚くべきランディの信じられないほどの懐疑論。」2014年11月7日。(2015年7月13日)http://www.nytimes.com/2014/11/09/magazine/the-unbelievable-skepticism-of-the-amazing-randi.html?_r=0
  • Houdini: His Life and Art. "The Death of Houdini." (July 12, 2015) http://www.thegreatharryhoudini.com/death.html
  • Japan Zone. "Princess Tenko Takes One in the Ribs." July 24, 2007. (July 9, 2015) http://www.japan-zone.com/news/2007/07/24/princess_tenko_takes_one_in_the_ribs.shtml
  • Kalush, William. The Secret Life of Houdini: The Making of America's First Superhero. Simon & Schuster. Sept. 4, 2008. (July 12, 2015) https://books.google.com/books?id=1k6PQSNl8CYC&pg=PT268&lpg=PT268&dq=Genesta+magic+death&source=bl&ots=i4azleg6Cc&sig=6dxCT1R1iNmpY65ehEV0JYL5Q_o&hl=en&sa=X&ved=0CDkQ6AEwBGoVChMI6J7ajaHHxgIVx32ICh1e7wz4#v=onepage&q=Genesta%20magic%20death&f=false
  • Magic.com. "The Bullet Catch." (July 9, 2015) http://www.magictricks.com/most-dangerous-trick.html
  • マズムダール、アナンダシャンカル。「『ペン&テラー』マジックデュオの半分は、トリックをオンラインにしたマジシャンに勝ちます。」ブルームバーグニュース。2014年10月3日。http://www.bna.com/half-penn-teller-n17179895822/
  • マクロード、マイケル。「ハリーブラックストーンジュニアは誰だ」オーランドセンチネル。1987年2月22日。(2015年7月8日)http://articles.orlandosentinel.com/1987-02-22/news/0110160120_1_harry-blackstone-llanos-orange-bowl
  • マックイーニー、ケリー。「飲み込むのが難しい行為:気管のスワロワーティアーズホールとして剣スタントがうまくいかない。」デイリーメール。2012年1月5日。(2015年7月9日)http://www.dailymail.co.uk/news/article-2082604/Hannibal-Hellmurto-Sword-stunt-goes-wrong-swallower-tears-hole-windpipe。 html
  • MundoNoRain。「魔法の失敗–ハリーブラックストーン」YouTube。2011年4月11日。(2015年7月13日)https://www.youtube.com/watch?v=FdxA_GJxpmM
  • ニューヨーク・タイムズ。「ハリー・フーディーニは手術後に死ぬ。」1926年11月1日。(2015年7月12日)http://www.nytimes.com/learning/general/onthisday/bday/0324.html
  • オコナー、モーリーン。「ネオン電球で食道を引き裂き、演技を続けた剣呑み」ゴーカー。2012年1月13日。(2015年7月9日)http://gawker.com/5875853/the-sword-swallower-who-tore-his-esophagus-with-a-neon-lightbulb-and-kept-performing
  • パン、ケビン。「魔術師が王室を台無しにしたとき。」シカゴトリビューン。2008年9月25日。(2015年7月9日)http://featuresblogs.chicagotribune.com/headcandy/2008/09/when-magicians.html
  • ランディ、ジェームズ。「ユリ・ゲラーは今夜のショーで失敗します。」YouTube。2008年10月27日。(2015年7月13日)http://youtu.be/TNKmhv9uoiQ
  • スタインマイヤー、ジム。栄光の欺瞞:ウィリアム・ロビンソン、別名チュン・リンの二重の人生。デカポプレス。2006年3月21日。https://books.google.com/books?id = bx5Tk-67HVQC&pg = PA147&lpg = PA147&dq = madame + delinsky + death&source = bl&ots = NTDZaN_Hi5&sig = McGt32_TuKQNBgDavasgJK87Bxc&hl = en&sa = madame%20delinsky%20death&f = false
  • ユナイテッドプレスインターナショナル。「魔術師は棺桶の脱出トリックを試みて殺されました。」ロサンゼルスタイムズ。1990年11月1日。(2015年7月9日)http://articles.latimes.com/1990-11-01/entertainment/ca-5220_1_wet-cement
  • ウィリアムソン、トム。「ユリ・ゲラーが失敗したとき。」懐疑的なカナリア。2010年10月26日。http://www.skepticcanary.com/2010/10/26/when-uri-geller-failed/

Suggested posts

ヴェネツィアビエンナーレは「芸術のオリンピック」です

ヴェネツィアビエンナーレは「芸術のオリンピック」です

世界で最も古い隔年の美術展であるヴェネツィアビエンナーレは、芸術の世界で新しいものすべてのショーケースであり、7か月の実行中に50万人以上の人々を魅了しています。

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

Related posts

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

Tags

Categories

Top Topics

Language