10過大評価された人生の決定

2013-04-15
マイアミの有権者の中には、2004年の米国大統領選挙で投票用紙を投じるのに最大3時間待った人もいました。時間の価値はありましたか?

人生ゲームの初版は1960年に店頭に並びました。何世代にもわたるアメリカの家族にとって、人気のボードゲームは人生の主要な決定を下すための青写真として役立ってきました。ゲームには論理的な進歩があります。まず、あなたは大学に行きます。それから、あなたはキャリアを始め、結婚し、赤ちゃんを産み、昇進を望み、株と銀行ローンでサイコロを振って、田舎のエーカーで平和に引退することを夢見ます。

これは多くのアメリカ人にとって現状維持ですが、実際の生活はボードゲームのようにプレイする必要があると誰が言いますか?それとも、幸福への道は1つしかなく、郊外には2.33人の子供と4ベッドルームのコロニアルが必要ですか?たぶん、たぶん、実生活で最も重要な決定のいくつかは非常に過大評価されています。

何万ドルもの学生ローン(これはモノポリーのお金ではありません)を借りたり、高校の恋人に提案したりする前に、報われないかもしれない人生の決定トップ10のリストを調べてください。

コンテンツ
  1. 大学に行きます
  2. 投票
  3. 結婚する
  4. 赤ちゃんがいる
  5. 企業のはしごを登る
  6. 家を買う
  7. 新しい仕事のために転居する
  8. もっと運動する
  9. 引退
  10. とにかく寿命を延ばす

10:大学に行く

大学に行くことは意図的な決断であるべきです。あなたが深い借金を抱えていないこと、そしてあなたの専攻があなたに高給の仕事を与えていることを確認してください。

あなたの両親と教師は、あなたがアルファベットのブロックのセットで「CAT」を綴った日から大学教育の賞賛を歌っています。あなたはそれを千回聞いたことがあります。大学は、充実した高給のキャリアへの道です。大学はあなたの人生で最高の時期です!

またはそれは?

誰が法案を立てているかによるかもしれません。2010年から2011年までの4年制のアメリカの私立大学での1年間の平均費用は32,617ドルでした[出典:国立教育統計センター]。そのような授業料をカバーするために、米国の大学生の3分の2がローンを組んでいます。2011年のクラスの平均学生ローン債務は26,600ドルで、過去最高でした[出典:Ellis ]。

確かに、大学の学位を持つ労働者は、高校の卒業証書だけを持つ労働者よりも、キャリアの過程でかなり多くを稼ぐことができます。しかし、学位を取得する前に大学を中退した場合はどうなるでしょうか。Bill&Melinda Gates Foundationが資金提供した2013年のレポートによると、大学生の46%(およびアフリカ系アメリカ人の学生の63%)は6年以内に卒業しません[出典:Resmovits ]。今、あなたはそれを完済するのを助ける程度のない借金を抱えています。

学位を取得したとしても、専攻を選択すると、厳しい雇用市場で失業する可能性があります。たとえば、2010年には、人類学と考古学の専攻学生の平均失業率は10.5%で、初任給は28,000ドルでした。映画メジャーは$30,000を稼ぎ、12.9%の失業率を経験しました[出典:Goudreau ]。

9:投票

メリーランド州シルバースプリングの有権者は、2ブロックの列で投票を待ちます。決心した場合は、投票用紙を投じる前に、少なくとも候補者と問題について通知を受けてください。

誤解しないでください、私たちは投票をノックしていません。「私が投票した」ステッカーを胸に貼って投票所から出て、次の大統領/州議会議員/教育委員会のメンバーを選ぶのを手伝ったことを知って、とても気分がいいです。しかし、あなたの投票の真の価値は過大評価される可能性がありますか?

まず、選挙人団全体があります。あなたが共和党員であり、圧倒的に青い州に住んでいる場合、大統領選挙ではあなたの単一の投票はあまり価値がありません。米国が一般投票で大統領を選出した場合、あなたの投票は他の州で集計された数百万人に追加されます。しかし、選挙人の「勝者がすべてを取る」システムでは、あなたの投票はあなたの隣人によって否定されます。

人気のある投票コンテストでさえ、決定を決定する単一の投票のオッズは非常に不利です。1898年にさかのぼる40,000の州議会選挙の調査では、1回の投票で7つだけが決定されました。バッファローでの1910年の選挙は、1回の投票で決定された世紀の唯一の議会選挙でした[出典:Mangu-Ward ]。あなたの投票は、プライマリーまたはランオフに大きな影響を与えますが、投票用紙にホットボタンの問題がない限り、投票者はそれらをスキップする傾向があります。

Sadly, if you really want your preferred candidate to get elected, your money is probably worth more than your vote. In a survey of congressional elections in 2002, 2004, 2006 and 2008, the candidate who raised the most money won the contest between 73 and 94 percent of the time [source: Jacobson].

8: Getting Married

Marriage can be hazardous to your health. On the other hand, divorce can be hazardous to your wealth. So choose wisely.

Love and marriage are inextricably tied in the American psyche. As Frank Sinatra crooned in the 1950s, "You can't have one without the other." Or can you? Is there any compelling reason, beyond social norms, for a loving couple to get married? What might be the downside to tying the knot?

Marriage is a legally binding contract with serious implications for breaching that contract. If you are dating someone and they cheat on you, you break up and that's it. But if you are married and the love of your life is unfaithful, you can't just break up. You need to get a divorce, an emotionally and financially sapping legal proceeding. According to researchers at Ohio State, divorce drains an individual's wealth by an average of 77 percent, and that goes for both men and women [source: Grabmeier].

Then there are the health effects of marriage, which are frequently touted as highly positive. Married people live longer on average and experience fewer chronic diseases. But those studies ignore the unfortunate existence of the unhappy marriage. According to some studies, a troubled and stressful relationship causes as much damage to the heart as a smoking habit. And divorced people tend to have more physical ailments than single people of the same age who never married [source: Parker-Pope].

7: Having a Baby

"Having my baby...What a lovely way to say how much you love me…" Sure is -- as long as you have the cash.

There are moments of incomparable joy as a parent — those first steps, your name on their lips, watching them grow and thrive — that we wouldn't trade for the world. But are there aspects of having a baby that are overrated? Absolutely.

First, there are the physical demands of parenthood . If the trauma of labor and delivery isn't enough, there are the months — if not years — of sleep deprivation. And the loss of sexual activity because you're both just too tired [source: BBC]

Then there are the financial demands of children. According to the U.S. Department of Agriculture, which releases an annual report on the cost of raising children, a middle-class American family spends between $10,000 and $15,000 a year on each child from birth to age 18. Higher-income families — earning more than $102,870 a year — spend between $20,000 and $25,000 on each kid per year [source: USDA]. Is it any wonder that some financially prudent young couples are opting out of parenthood for the significant cash savings [source: Taha]?

Again, we aren't arguing that having a baby isn't "worth it." Just that there are pros and cons to every major life decision, and if you can't live with the cons, pay attention to this final figure: The dollar investment in a single condom has a 9 million percent return compared to the cost of raising a child [source: Hind].

6: Climbing the Corporate Ladder

Sometimes the view from top is worse than the view from the bottom.

There is a mindset in corporate America that if you aren't moving forward, you're falling behind. The idea of progress in a corporate career is to get promoted, or at least get a significant raise. To tread water in the same position at the same salary is a sign of failure. Before you base your life satisfaction on the title on your cubicle wall, remember that they call it a "rat race" for a reason.

Why might a promotion be overrated? For starters, some people are very happy in their current position and have no interest in managing a team, attending tons of meetings, or traveling every other week. For those employees, it's smarter to say you are flattered by offers of promotion but feel you can contribute more to the company in your current position [source: Tahmincioglu]. It doesn't hurt to ask for the raise, though.

Other people find the very idea of a corporate work environment creatively stifling and emotionally draining. The answer for many such folks is to ditch the rat race and launch their own business. Sometimes it takes one of the other life events on our list, like getting married or having a baby, to trigger the entrepreneurial spirit [source: Pierce]. But if the finances fall into place, the result — being your own boss and getting paid to do something you actually like — can be more satisfying than the most coveted corner office.

5: Buying a House

Marquita Ealy of the Richmond, California chapter of the Alliance of Californians for Community Empowerment (ACCE) tours a foreclosed home. Foreclosure is one of the risks you take if you buy a home before you are ready.

Buying a home is the crowning achievement of the American dream. Renting is seen as transient and unsettled, while home ownership is a sign of financial and emotional stability. A home is an opportunity to put down roots — a foundation on which to build the future of your family.

Or, it could be a gaping money pit.

If you can't pay your rent, you can break your lease with minimal penalties. If you can't pay your mortgage, you are looking at foreclosure, which will drag down your credit score.

If you're renting and your water heater starts leaking, that's the landlord's problem. If you own your home, it's your problem. If you aren't handy, you'll have to pay someone to come fix it or pay for a replacement.

If you're still undecided between renting or buying, use a simple formula called the "price-to-rent ratio," or P/R ratio. Here's how it works. Find two similar houses or apartments in your target neighborhood, one that's for sale and one that's for rent (Web sites like Trulia make this easy). Take the sales price and divide it by the annual cost of renting (monthly rent times 12). If the number is greater than 20, then it's a better financial deal to rent [source: Roth].

4: Relocating for a New Job

It might be flattering to be considered for a job in another location but make sure it will work out for you long-term.

Relocating for a new job is exciting — a fresh start in a new city, often with a better salary. But you need to ask yourself some serious questions before skipping town for greener pastures. First of all, if you own a home, will you be able to sell it? Or will a weak housing market mean taking a big loss on what you originally paid? If you lose tens of thousands of dollars by selling now, make sure your salary hike in the new job will cover it [source: Levin-Epstein].

You also need to gauge the new company's commitment to you [source: Smith]. Are they covering moving expenses? Is there a clear path for promotion and growth within the company? And how strong is the company itself? Does it have the business model and track record to ensure long-term success? It would be a huge waste of time, energy and money to relocate only to watch the business fold in a year.

Other important considerations: your spouse's job prospects, your kids' new schools and how well you fit into the culture of the new city.

3: Exercising More

Exercise can actually be bad for you if you do it the wrong way. So see a doctor before you begin any exercise program.

Exercise is undeniably a good thing ... but it's also possible to have too much of a good thing. Let's start with yoga, a low-impact workout practiced by an estimated 20 million Americans. In yoga studios across the country, uninitiated students are put through the standard paces of downward-facing dog and basic inversions like headstands. But some top yogis argue that even basic yoga positions can cause serious injury to people with existing health problems like back or joint issues [source: Broad].

And what about those marathon runners , the very model of physical fitness and endurance? A number of recent studies have shown that extreme endurance training can actually damage the heart. The prolonged cardiovascular stress of running a marathon can cause problems like arrhythmia (irregular heartbeat), calcification and even scarring. According to the research, there's a limit to how much the heart can be pushed before it sustains damage. The culprit appears to be inflammation of the heart tissue during prolonged endurance training [source: Collier Cool].

Another inconvenient truth of exercise: It's not a great way to lose weight. Major changes in diet — avoiding carbohydrates, sugars and starchy foods — will do much more to slim your waistline than walking briskly on the treadmill for 30 minutes a day [source: Bowden]. While an hour of vigorous daily exercise has proven effective for maintaining weight loss, exercise alone isn't the most efficient way to shed unwanted pounds.

2: Retiring

This is the dream of retirement -- happy couple on the beach. But what is the reality?

The traditional retirement fantasy goes something like this: Fishing on the lake with your buddies, traveling the world with your spouse, touring the country, and visiting the grandkids in a mobile home. Or simply sleeping in and reading a good book in the La-Z-Boy.

The harsh financial reality of modern retirement is radically different. Because of longer life expectancies and dwindling savings and investment returns, many retirees have to pinch every penny to maintain their standard of living. In some cases, they have to take low-wage jobs to make ends meet. In February 2013, the average 401(k ) balance of people 55 and older was $143,300, not nearly enough to last 30 or 40 years, even with Social Security [source: Martin].

Even if you are financially prepared for retirement , you might find the experience profoundly overrated. Gone are the mental stimulation of your job, the social interaction of your work environment, and the sense of purpose and accomplishment that was built into your everyday routine.

That's why some older workers advise against retiring until you are physically unable to do the work [source: Moeller]. Thanks to a 1986 amendment to the Age Discrimination and Employment Act, it's illegal for most jobs to have a mandatory retirement age [source: EEOC]. Depending on your line of work, you could easily postpone retirement into your 70s and even 80s. By that point, you'll have more money to live out your retirement fantasies, and the fish at the lake will still be biting.

1: Prolonging Life at All Cost

Doctors prepare to insert a tube in a patient's chest. Should doctors extend patients' lives at all cost?

Physicians and surgeons working in America's hospitals have access to cutting-edge procedures that can prolong the lives of patients living with chronic diseases. But they don't necessarily want them for themselves.

According to a Johns Hopkins University study of older physicians, 90 percent would not want CPR if they were in a coma . Only 25 percent of the public gives the same answer [source: Cohen]. Doctors know that the odds of recovering from "successful" CPR are extremely low, but the odds of broken ribs and increased pain are very high [source: Murray].

In private, many doctors are intensely troubled by the "anything and everything" approach to saving lives [source: Murray]. What's the point of extending a life for a few short months if it means living in an intensive care unit connected to dozens of tubes and numbed to unconsciousness by pain medication?

And then there's the cost. A full quarter of all Medicare spending pays for hospitals stays and procedures for 5 percent of people in their last year of life. And then there's everything that Medicare doesn't cover. An American couple can expect to spend more than $50,000 in out-of-pocket medical costs in the last five years of life [source: Wang]. Some procedures greatly improve and extend quality of life, but not all.

最善のアドバイスは、可能な限りの医療処置で寿命を延ばしたいのか、それとも救済や生命維持をせずに平和に死ぬのかに関わらず、終末期の指示を書面で提出することです。

多くの詳細情報

著者のメモ:10の過大評価された人生の決定

このリストにある10の主要な人生の決定のうち8つを行ったので、それぞれの相対的な価値について自信を持って話すことができると思います。まず、私はこれまでのところ、人生の大きな決断を1つも後悔していないと言わなければなりません。私は大学に行き、比較的若くして結婚し、3人の素晴らしい子供と住宅ローンを持っています。それらのすべては素晴らしくうまくいきました。そして、企業のはしごを登ったり、新しい仕事のために転居したりと、それほどうまくいかなかったものは、貴重な学習経験にチョークで書きます。私の編集者が説明したように、この記事のポイントは、結婚または引退するという誰かの決定を非難することではなく、それぞれの長所と短所を指摘し、読者に人生で最も潜在的に「人生を変える」いくつかについて真剣に考えるように促すことです選択肢。人生ゲームでは、いつでもボードをクリアして最初からやり直すことができます。

関連記事

ソース

  • ブロード、ウィリアムJ.「ヨガがあなたの体をどのように破壊することができるか」。ニューヨークタイムズ。2012年1月5日(2013年4月5日)http://www.nytimes.com/2012/01/08/magazine/how-yoga-can-wreck-your-body.html?pagewanted=all&_r=1&
  • コーエン、エリカ。「医師の死亡は患者とは異なります。」Philly.com。2013年1月16日(2013年4月5日)http://www.philly.com/philly/blogs/fieldclinic/Doctors-die-differently-than-their-patients.html
  • コリアークール、リサ。「走ることはあなたの心に害を及ぼすかもしれません。」Yahoo! 健康。2012年11月30日(2013年4月5日)http://health.yahoo.net/experts/dayinhealth/running-may-be-harmful-your-heart
  • エリス、ブレイク。「平均的な学生ローンの借金は27,000ドル近くになります。」CNNマネー。2012年10月18日(2013年4月5日)http://money.cnn.com/2012/10/18/pf/college/student-loan-debt/index.html
  • フィジョレック・マケイン、ローラ。「出産後にセックスをしたくないのは普通ですか?」BabyCenter(2013年4月9日)http://business.time.com/2012/12/03/is-it-better-to-rent-or-to-buy/
  • グッドロー、ジェナ。「10の最悪の大学専攻。」フォーブス。2012年10月11日(2013年4月11日)http://www.forbes.com/sites/jennagoudreau/2012/10/11/the-10-worst-college-majors/
  • グラブマイヤー、ジェフ。「離婚は人の富を77パーセント落とす、研究は見つけます。」オハイオ州立大学。2006年1月17日(2013年4月5日)http://researchnews.osu.edu/archive/divwlth.htm
  • ハインド、ジョン。「赤ちゃんを産まない他の20の理由。」オブザーバー。2009年2月7日(2013年4月5日)http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2009/feb/08/motherhood-children-babies2
  • ジェイコブソン、ルイ。「ウォール街を占拠する抗議者のサインは、ポケットの深い候補者の94パーセントが勝つことを示しています。」ポリティファクト。2011年10月17日(2013年4月5日)http://www.politifact.com/truth-o-meter/statements/2011/oct/17/occupy-wall-street/occupy-wall-street-protesters-sign -言う-94-パーセント/
  • カイガー、パトリック。「定年を伴う7つの仕事。」SecondAct。2012年3月14日(2013年4月11日)http://www.secondact.com/2012/03/federal-law-prohibits-mandatory-retirement--or-maybe-not/
  • レビン-エプスタイン、エイミー。「動かないでください!仕事のために転居しない5つの理由。」CBSMoneyWatch。2012年8月27日(2013年4月5日)http://www.cbsnews.com/8301-505125_162-57500920/dont-move-5-reasons-not-to-relocate-for-a-job/
  • マーグ、クリストファー。「今すぐ家を買うべきではない5つの理由。」Credit.com。2012年9月7日(2013年4月5日)http://www.dailyfinance.com/2012/09/07/buying-a-home-5-reasons-not-to-right-now/
  • マングワード、キャサリン。「あなたの投票はカウントされません。」理由。2012年11月(2013年4月5日)http://reason.com/archives/2012/10/03/your-vote-doesnt-count
  • マーティン、レイ。「401(k)アカウントは過去最高を記録しました:あなたは十分ですか?」CBSMoneyWatch。2013年2月15日(2013年4月11日)http://www.cbsnews.com/8301-500395_162-57569677/401-k-accounts-hit-record-high-is-yours-enough/
  • モラー、フィリップ。「あなたが決して引退してはならない6つの理由。」US News&WorldReport。2012年3月14日(2013年4月5日)http://finance.yahoo.com/news/6-reasons-why-never-retire-164549581.html
  • マレー、ケン。「医者はどうやって死ぬのか」サタデーイブニングポスト。2013年3月/4月(2013年4月5日)http://www.saturdayeveningpost.com/2013/03/06/in-the-magazine/health-in-the-magazine/how-doctors-die.html
  • 国立教育統計センター。「大学の授業料」(2013年4月5日)http://nces.ed.gov/fastfacts/display.asp?id=76
  • パーカーポープ、タラ。「結婚はあなたの健康に良いですか?」ニューヨークタイムズ。2010年4月14日(2013年4月5日)http://www.nytimes.com/2010/04/18/magazine/18marriage-t.html?pagewanted=all&_r=0
  • ピアス、サラ。「ラットレースを去る。」起業家。2008年5月21日(2013年4月5日)http://www.entrepreneur.com/article/194026
  • Resmovits、喜び。「『アメリカン・ドリーム2.0』レポートで明らかにされた大学ドロップアウトの危機。」ハフィントンポスト。2013年1月24日(2013年4月5日)http://www.huffingtonpost.com/2013/01/24/college-dropout-crisis-american-dream-20_n_2538311.html
  • Roth、JD「借りるのが良いのか買うのが良いのか?」時間。2012年12月3日(2013年4月9日)http://business.time.com/2012/12/03/is-it-better-to-rent-or-to-buy/
  • スミス、ジャックリン。「転居する前に自問すべき20の質問。」フォーブス。2012年6月21日(2013年4月5日)http://www.forbes.com/sites/jacquelynsmith/2012/06/21/is-relocating-for-a-job-the-right-decision-for-you/ 2/
  • タハ、ナディア。「財政を念頭に置いて、親子関係からオプトアウトする。」ニューヨークタイムズ。2012年11月13日(2013年4月5日)http://www.nytimes.com/2012/11/14/your-money/opting-out-of-parenthood-with-finances-in-mind.html?pagewanted =すべて
  • Tahmincioglu、イブ。「企業のはしごを登りますか?いいえ、ありがとうございます。」MSNBC。2007年1月15日(2013年4月5日)http://www.nbcnews.com/id/16486999/%23.UV3vWKs-t4F
  • 米国農務省。「家族による子供への支出、2011年。」2012年6月(2013年4月5日)http://www.cnpp.usda.gov/Publications/CRC/crc2011.pdf
  • 米国の平等雇用機会委員会。「1986年の雇用改正における年齢差別」(2013年4月11日)http://www.eeoc.gov/eeoc/history/35th/thelaw/adea_amendments_1986.html
  • 王、ペネロペ。「終末期ケアの高額な費用を削減します。」CNNマネー。2012年12月12日(2013年4月11日)http://money.cnn.com/2012/12/11/pf/end-of-life-care-duplicate-2.moneymag/index.html
  • ウィリアムズ、アレックス。「大学にノーと言って」ニューヨークタイムズ。2012年11月30日(2013年4月5日)http://www.nytimes.com/2012/12/02/fashion/saying-no-to-college.html?smid=fb-share

Suggested posts

ポイズンピルとは何ですか?Twitterはイーロンマスクを寄せ付けませんか?

ポイズンピルとは何ですか?Twitterはイーロンマスクを寄せ付けませんか?

金融専門家は、ツイッターがイーロン・マスクの会社買収の入札を阻止することを望んでいる買収防止ツールについて説明している。

なぜ米国には「申告なし」の税申告システムがないのですか?

なぜ米国には「申告なし」の税申告システムがないのですか?

デンマーク、スウェーデン、スペイン、英国など、少なくとも30か国に返品不要のファイリングシステムがあります。なぜアメリカはしないのですか?

Related posts

テスラやアマゾンのような大企業が株式を分割している理由

テスラやアマゾンのような大企業が株式を分割している理由

米国の大手企業のいくつかは、株式分割を発表したばかりです。株式分割とは何ですか?それは平均的な投資家に何を知らせますか?

世界の5つの大きな通貨記号の背後にある魅力的なストーリー

世界の5つの大きな通貨記号の背後にある魅力的なストーリー

ドル記号にスラッシュが付いているのはなぜですか?英国ポンドは元々1ポンドの重さでしたか?これらおよび他の通貨記号の背後にあるストーリーをご覧ください。

あなたが請求書を支払うことができないならば、レストランは本当にあなたに皿を洗わせるでしょうか?

あなたが請求書を支払うことができないならば、レストランは本当にあなたに皿を洗わせるでしょうか?

テレビコメディでこれを見たことは間違いありません。高級レストランで食事をしている人が財布を忘れて、借金を返済するためにキッチンに送られます。(当然、高いジンクが発生します。)しかし、これは現実の世界で起こりますか?

SWIFTとは何ですか?ロシアを制裁するためにどのように使用されていますか?

SWIFTとは何ですか?ロシアを制裁するためにどのように使用されていますか?

ロシアを世界銀行間金融通信協会(SWIFT)から切り離すと、世界のほとんどと取引する能力が損なわれる可能性があります。SWIFTの仕組みは次のとおりです。

Tags

Categories

Top Topics

Language