石垣の作り方

2012-05-15
ディスカバリーチャンネルの「ギミーシェルター」からのこのクリップでは、ジョンハーベイが擁壁を作成する方法を示しています。

書かれた言葉を超えて、石で構築することは、人間文化の最も古く、最も永続的な芸術の1つです。英国には紀元前3500年にさかのぼる石垣がありますが、最近では、屋外スペースを定義するためのより簡単で安価で高速な方法がありますが、石垣の正確な特徴や外観を備えたものはありません。 。それが、都市の真ん中に住んでいるか、農場に住んでいるかにかかわらず、私たちがまだそれらを大切にしている理由です。最も単純な成分(石、重力、創意工夫)は、私たちの中には、最も完璧な解決策を生み出します。

間違えないでください。この方法で構築することを選択した場合、あなたはかなりのプロジェクトに参加しています。石は持ち運びが簡単でも、財布にやさしいものでもありません。壁を作るときは、使用するブラウンと同じくらい重要な頭脳が必要になります。何十年もの間ニューイングランドの風景の一部であった石の壁、または何百年もの間イギリスに立っていた何マイルもの壁について考えてみてください...そしてあなたの壁が今から何世紀も立っている可能性があります。

この記事では、壁を構築するために利用できるオプションと決定事項、および必要なツールと材料について説明します。私たちは主にドライストーン技術に焦点を当てますが、最近ではほとんどすべての石造りプロジェクトに少なくとも少しのコンクリートが含まれています。石の間に建設用ペーストを固定剤として塗布することによって構築されるモルタル壁は、ここでのもう1つの主要なオプションであり、非常に人気がありますが、主に前者に集中します。それらの永続的な形状を維持し、したがって正しく構築するためにより多くの作業を必要とします。ただし、詳細の多くはどちらのプロジェクトにも当てはまります。

コンテンツ
  1. 行われる決定
  2. 石の質問
  3. あなたの青写真
  4. 材料と準備
  5. フッター
  6. 地上
  7. 物事は彼らのコースを実行します
  8. ビッグフィニッシュ
  9. 著者のメモ

行われる決定

まず、これを完全に自分で行うつもりですか?私たちはそう想定しますが、この記事の多くの情報は、あなたが助けをもたらすことを計画しているとしても、あなたがあなたのプロジェクトに同意し、詳細をハッシュするときに役立ちます。石をプロジェクトサイトに輸送するコストは、有償の請負業者がプロジェクトのコストの中で最も少なくなる可能性があるという点で、主要な考慮事項の1つです。どのようにそれを調達するかについて。しかし、DIYの愛好家として、あなたはおそらくすでにそれについて考えているでしょう-そして建設に必要な時間も。最も熟練したドライストーンウォーラーでさえ、1日あたり約3.2ヤード(3メートル)の壁を作成することを期待しています[出典:ヘンリー]!

壁に適切な場所を選択したことを確認することが重要です。もちろん、ゾーニングとライセンスの問題がありますが、隣人の問題もあります。あなたが自分の土地と他の人の土地の間に境界線を建てようとしているなら、あなたが最終結果の責任を共有することに同意しない限り、あなたはその境界線に正しく建設したくありません。壁は、美的理由と輸送上の理由の両方で、もちろん、時間の経過とともに予想される風化のために、地元の石で構築する必要があります。

同様に、あなたは土地自体をチェックしたいと思うでしょう:その赤ちゃんの木はいつか巨大になり、根が見えなくなります。そして、最も微妙な傾斜でさえ、時間の経過とともに壁が変化する方法に大きな影響を及ぼします。重力は石細工の構造で最も重要な要素であり、壁がモルタルであろうと乾いた石であろうと、壁が長く長く成功することを保証するために、自然の重要な力に依存することになります。このような石の壁は絶え間なく動いていると言われています。つまり、壁を構築する方法は、残りの存在のために続くコースに壁を設定することを意味します。

石の質問

スレートは比較的直線で破砕する自然な傾向があるため、岩壁の構築に最適です。

乾いた石の壁の場合、地元の石は頁岩、粘板岩、片岩などの硬くて平らな劈開石である必要があります。可能な場合は長い角度(つまり、平らな上部と下部)が必要なので、完成したプロジェクトの強度と耐久性を確保するために、自然にそれらの形状に崩れる石を探してください。最悪の選択は火成岩です。火成岩は、その形成によって壁の建物であなたに逆らう形を作るため、地面にあるか水中にあるかにかかわらずです。(もちろん、火成岩の外観が好きな場合は、後でわかるように、モルタル壁の選択肢は引き続き利用できます。)

堆積岩は時間と重力によって上記の硬い石と同じ有用な構成に圧縮されるので、それらも良い選択です。実際、変成岩と堆積岩の比較的柔らかい性質は良いことかもしれません。なぜなら、すべてを合わせるために少し石工をしなければならないからです。「柔らかい」は相対的な用語であることを忘れないでください。砂岩と石灰岩でできた壁と構造物(どちらも堆積岩)は、まだ何千年も続く可能性があります。

繰り返しになりますが、地域の状況を考慮することは問題です。ほこりっぽい平原からの多くの風が時間の経過とともに石灰岩を削り落とす可能性がありますが、凍結や解凍に満ちたより不安定な気候は、実際には柔らかい石の方がうまくいく可能性が低いためです。ひび割れて形を変える。もちろん、壁を構築することの主要な部分は、それらの力と変化を考慮に入れることであり、それらの要因に注意することは最初から始まります。

あなたの青写真

土地自体の下り坂の重力と排水の問題を考慮して、サイト全体を選択してクリアしたら、計画のレイアウトを開始できます。モルタルでもドライストーンでも、壁の長さ、厚さ、コーナーやゲートの機能など、必要なものを正確に定義することが重要です。

Be exacting. A big part of the project is going to be making sure your decisions stay stable; for example, what if your plumb line weren't kept taut, and curved in the wind? You could end up building to what you think is a straight line, and end up with a bizarrely curved wall that'll eventually tear itself apart. On the other hand, if you want a curved wall, think about laying out a garden hose or similarly thick rope to plan the trench that will hold your first course of stone, then build the shape into the wall as you work.

While planning, keep a few rules of thumb in mind: Firstly, there is a huge difference between walls taller than 3 feet (0.9 meters) and walls that are shorter than that. While the base of a shorter wall should be equal to its height, anything higher than 3 feet (0.9 meters) requires an extra 8 inches (20 centimeters) in width for each foot of height. Therefore, a 3-foot (0.9-meter) wall has a 3-foot (0.9-meter) base, but a 7-foot (2.1 meter) wall needs a base of no less than 4.6 feet (1.4 meters) [source: Vivian].

The appeal of stone walling is its permanence: Half the task is keeping that in mind. The higher the wall, for example, the deeper you should sink it. For anything higher than waist level, you should dig your trench at least 2 feet (61 centimeters) -- or deeper, depending on the frost line for your particular region. (Frost forming and thawing will cause your wall to move up and down, but if your dry rock wall is sunk into the ground, that moisture can pass through the small openings in your structure.) On the other hand, for a shorter wall you need only worry about sinking it by 8 inches (20 centimeters) or so: Gravity will do the rest, as the wall figures itself out [source: Volk].

Materials and Preparation

長寿の証:英国のハドリアヌスの城壁は、西暦112年から130年の間に建てられました。壁の大きな部分は、今も残っています[出典:BBC]。

あなたは計画を立てました、そしてあなたはあなたの新しい壁を建てることをめったにありません。必要なアイテムがすべて揃っていることを確認してください[出典:Volk ]:

  • 石-使用する技法に関係なく、総体積を高さの2倍の長さで計算しますが、さまざまなサイズの石を使用することを忘れないでください。壁自体は時間内に落ち着きます。それは、その合計を目で追うほど単純ではありません。
  • あなたの石を運ぶための手押し車(そしてあなたが望むならあなたのモルタルを混ぜる)
  • 重い石を操縦するためのクローバーまたは他のツール
  • 重いブーツ、手袋、ゴーグル
  • 石の小さな問題に対処するためのあなたの塹壕とノミを掘るための何か
  • 杭-壁の長さのヤードごとに2つの杭、完成したプロジェクトよりも数インチ高い
  • 文字列-壁の長さの少なくとも2倍。
  • オプションアイテム:ラインレベル、石工レベル、石積みハンマー

ワークスペースの外側の端に沿って杭を釘付けし、プロジェクトの長さのすべてのヤードに2つの杭を配置して、トレンチを定義します。壁が構築されるときにラインを再結束するため、最終的な壁の高さよりもかなり高いことを確認してください。ステークが下がったら、約1フィートの高さでより糸を結び、緊張していることを確認します。

フッター

塹壕を掘ったら、「フッター」ストーンを置きます。トレンチに必要な深さによっては、最初のレイヤー、さらには後続のコースでさえ、完全に地下にある場合があります。地球の奇妙な端や角度を他のものに触れることを心配せずに埋めることができるので、最も重くて醜い石を使用してください。排水を助けるためにそれらを数インチ離して置きます-それらのスペースを小さな岩で埋めることができます-そして可能であれば、中央(壁の両側の中間点、全体を走る)の下に浅いV字型を作成してみてください構造の長さ)。これにより、次のレベル(「コース」または「ステップ」とも呼ばれます)にサポートシステムが設定され、壁の2つの外側からより高い石が互いに押し付けられます。

Keep in mind that gravity pulls straight down . That's the No. 1 rule to remember, because it makes the physics of the whole thing make more sense. You start with a level base, and each successive course you lay atop of it is going to be pulled straight down, which is what will keep the wall in the shape you define, hopefully for a very long time.

(If you're building a mortared wall, this first level gets a full concrete pour, as well as rebar -- reinforced steel rods -- the height of your finished project, planted at six-foot intervals. Of course, a dry-stone wall could benefit here from concrete as well, depending on whether you're willing to fudge your stance as a purist a little for the sake of a balanced foundation -- in that case, you would forego the rebar.)

Above Ground

This wall example shows the use of large, heavy stones in the foundation layers, and smaller stones toward the top of the structure.

Raise your guide lines to the height of the first course -- or layer -- which should be about the average size of your thickest, biggest stones. Hold back the most attractive, uniform stones for the top of the wall, but it's more important to get rid of the heaviest stones first so you needn't lift them later, even if they're beautiful. Lay them out in parallel lines along both outside edges of your trench, then fill in the middle spaces with less perfect stones -- if you can, try to preserve that internal V slope, especially here at the beginning.

You're looking for a flattish outside surface as well as -- more importantly -- preserving topside flatness for the stones to come. If you've chosen a dry-stone technique, of course, you have already made some aesthetic choices here, so pay attention to the outer-vertical (the "face") only insofar as you don't get any strange gravitational effects by having the stones stick out too far in odd places. Either way, you're going to want to strive for flatness for each course.

Make sure the stones are as level and stable as possible as you work. It's always better to knock off a wobbly bit from a stone -- or dig out a chip in the one beneath -- than to shim them in with smaller rocks or wedges. Save those for the interior of the wall, because the pebble you shove in to fix a momentary problem is the first thing that's going to fall out once you walk away. (And once you've filled in the first course as well as you can, for a mortared wall you cover the whole course anyway.) If you've got a rock that would be great, except for one feature or problem it's giving you, the best way to split it off is to score around that troublesome bit (a half-inch or less) with a chisel before you try knocking if off.

Finally, every 6 feet (1.8 meters), you'll want a "tie" stone, which is one that you lay crosswise rather than along the parallel sides. This literally ties the wall together, pressing downward on the stones below in a way that brings the two sides together into a single wall, and the tie stones become more important as you build upwards. Two perfect halves of a wall, no matter how cunningly you fill in the middle, are not what you're aiming toward -- the tie stones are the key to the wall's strength and endurance.

Things Run Their Course

For subsequent courses, just move your guide lines up and proceed just as you set in previous layers -- using the same technique. Place your tie stones at the same intervals, use the imperfections of the level below to create a flatter surface for the next course, and don't forget to pay attention to your guide lines. Remember: If it's worth doing, it's worth doing right.

The only new element, now that you're building past the footer and first course, is that you need to be wary of building vertical holes into the wall's structure. Splits between stones on a course are called "joints," and joints that link upwards are called "runs." You don't want them -- even if you've been conscientious with your ties, they're a killer -- so make sure to follow this simple rule as you build upward:

次のレベルで大きな石を2つの小さな石で覆い、可能な場合は常に大きな石を使用してできるだけ多くの関節を覆います。もちろん、外壁についてもこのルールに従ってください。ただし、内部の石についても注意してください。壁の真ん中を横切る走りは悪い考えです-それはセクション全体を引き下げる可能性があります。

ビッグフィニッシュ

コーナー、エッジ、およびトップについては、可能な限り多くの物理的均一性を求めています。最も重要な「タイ」ストーンは最も露出していて、すべてをまとめているので、コーナーとエンドを検討してください。それらは、他のタイストーンのように壁自体に垂直に座る必要がありますが、それ自体でミニフェイスとしても機能し、落ち着くまで小さな内部ビットを内部に保持します。(モルタル壁は、構造全体が重力を超えた成分によって一緒に保持されているため、特にこのようにコーナー/エンドタイを頼りにしています。)

一番上の石は「キャップストーン」と呼ばれ、一般に、構築プロセス中に見つけて抑えることができる限り長く、平らで均一で、適度な重量にする必要があります。もちろん、怪我をしたくはありませんが、壁の上部に不均一な体重ストレスをかけたくない場合もあります。一方、後続のコースを延期することを心配する必要がないので、このレベルを楽しむこともできます。

最後に、他のDIYプロジェクトと同様に、維持管理が要因であることに注意することも重要です。永続性のために設計および作業を行い、永遠に続くものを構築するために最善を尽くしている間は、時間の経過に伴う変化に注意を払う必要があります。重力は私たちが見ることができるよりもゆっくりと動作します。つまり、問題が現れるまでに時間がかかる場合があります。

しかし、自分の手でこのようなものを構築することの素晴らしいところは、修理が非常に簡単になることです。壁の一部に問題が発生した場合、あなたはすでにそれらを修正する方法を知っています-そしてあなたはすでにそのような機会のために練習しました。結局のところ、壁を構築するために選択した方法は、とにかくそれを簡単にします。ひびの入ったモルタル壁にはモルタルとドライストーン壁が必要ですか?ある石を別の石の上に積み重ねるのと同じくらい簡単です。

石の壁が現代化

天然石の壁のように見えますが、それぞれの位置にぴったりの石を探すというアイデアは好きではありませんか?プロセスからすべての当て推量を取り除くために実際に連動するコンクリート鋳造の石壁システムを購入することができます-それでも現実的で素朴な外観を維持します。

著者のメモ

時代を超越した堅実な感覚を呼び起こす石の壁には何かがあります。結局のところ、それは建築が遡るところまでさかのぼります。それがあなたのゲストが最初に目にするものであろうと、裏庭の微妙な特徴であろうと、英国式庭園の完璧な仕上げであろうと、石のプロジェクトは意味と歴史に富んだ声明を出さざるを得ません。

関連記事

ソース

  • バレット、サラ。「石垣の達人が完璧なフィット感について話し合います。」ニューヨークタイムズ、2011年7月。(2012年5月3日)http://www.nytimes.com/2011/07/07/garden/andrew-pighills-master-of-the-stone-wall-qa.html
  • クック、ロジャー。「多くの基礎が最高の岩壁に入ります。」このオールドハウス、2010年8月。(2012年5月3日)http://www.thisoldhouse.com/toh/article/0,,203319,00.html
  • イード、サイモン。「乾いた石の壁を作る方法」。イーデンの庭、2011年4月。(2012年5月3日)http://gardenofeaden.blogspot.com/2011/04/how-to-build-dry-stone-wall.html
  • フィールド、カーティス。「石垣を作る忘れられた芸術。」Yankee Magazine Press、1965年。
  • ガードナー、ケビン。「花崗岩のキス。」ノートン出版、2001年。
  • ヘンリー、ジョン。「乾いた石の壁を作る方法」ガーディアン、2009年8月。(2012年5月3日)http://www.guardian.co.uk/money/2009/aug/08/dry-stone-walling
  • ローレンス、マイク。「段階的な屋外の石細工:あなたのパティオと庭のための20以上の簡単に構築できるプロジェクト。」Storey Communications、1994年12月。
  • マクレイヴン、チャールズ。「石細工」Storey Publishing、1997年1月。
  • サンダース、チャールズ。「石垣を建てなさい。」Backwoods Home Magazine、1998年。(2012年5月3日)http://www.backwoodshome.com/articles2/sanders70.html
  • ビビアン、ジョン。「石垣の建設」。バーモント:Garden Way Publishing、1976年。
  • 同上。「乾いた石の壁を作る方法」。マザーアースニュース、1991年10月/ 11月。(2012年5月3日)http://www.motherearthnews.com/do-it-yourself/how-to-build-a-dry-stone-wall.aspx
  • ヴォルク、ビル。「天然石の壁を作る。」DIYライフ、2008年1月。(2012年5月3日)http://www.diylife.com/2008/01/27/building-a-natural-stone-wall

Suggested posts

オオチョウバエを駆除する方法

オオチョウバエを駆除する方法

あなたは彼らがあなたの台所の排水管の周りにぶら下がっているのを見るかもしれません。彼らは迷惑ですが小さいです—彼らはハエを排水します。では、どうやってそれらを取り除くのですか?

塩酸とは何ですか?それは家の掃除に安全ですか?

塩酸とは何ですか?それは家の掃除に安全ですか?

「酸」という言葉があなたを怖がらせないでください。あなたの標準的な家庭用クリーナーにとって仕事が厳しすぎるときは、塩酸を試す時が来たからです。

Related posts

閉じたテラリウムが何十年も生きることができる方法、水を追加しない

閉じたテラリウムが何十年も生きることができる方法、水を追加しない

デビッドラティマーは1960年に植物といくつかの堆肥を瓶に入れました。それは60年以上経ってもまだ生きていて繁栄しています。このような閉鎖生態系はどのように機能しますか?

単一の孤独な靴下のための9つの単純に途方もない使用

単一の孤独な靴下のための9つの単純に途方もない使用

あなたの靴下の仲間が消えたとしても、あなたはまだ残されたものの多くの創造的な用途を見つけることができます。

使用済みのティーバッグを投げないでください!ここにそれの15の素晴らしい使用法があります

使用済みのティーバッグを投げないでください!ここにそれの15の素晴らしい使用法があります

お茶をたくさん飲むと、使用済みのティーバッグをたくさん捨ててしまうでしょう。しかし、あなたの家とあなたの庭の両方で、代わりにあなたがそれらでできる驚くべきことがたくさんあります。

TikTokで見た「ピンクのもの」を使用する9つの方法

TikTokで見た「ピンクのもの」を使用する9つの方法

TikTokのバイラルビデオで見たことがあるかもしれません。「ThePinkStuff」と呼ばれるクリーニング製品の主力製品について話しています。仕組みは次のとおりです。

Tags

Categories

Top Topics

Language