JKローリングの新しい本「TheIckabog」をオンラインで無料で読む

2020-05-29
最愛のハリーポッター作家JKローリングは、まったく新しいストーリーをオンラインで無料でリリースしました。ジョンフィリップス/ゲッティイメージズ/ JKローリング/

すべての年齢のハリーポッターファンは、JKローリングに就寝時の話を読んでもらうことがどのようなものかを知る機会があります。よくほとんど。これは、ベストセラー作家が数年前に自分の子供たちに毎晩読むために書いた物語「TheIckabog」の章をリリースし始めたためです。

「イカボグ」は、国の最北端にある、人間が入るには危険すぎる暗くてしばしば霧の深い沼地に、神話上の怪物であるイカボグが住んでいる、ほとんど豊かなコルヌコピア王国の物語です。 。」

ローリングは2020年5月26日に「TheIckabog」の発表を開始し、7月10日まで毎週無料で専用のウェブサイトで章ごとにリリースし続けます。彼女はそれを朗読本として書いたが、ローリングはその物語は子供たちが自分で読むのにも適していると言った。熱心な大人のファンもおそらく「真実と権力の乱用についての物語」を楽しむでしょう。

では、なぜローリングは「TheIckabog」をリリースしているのでしょうか。彼女はツイッターのスレッドで常にそれを公開するつもりであると書いたが、最後のハリー・ポッターの本がリリースされた後、彼女はそれを屋根裏部屋に置き、代わりに大人向けの2つの小説に焦点を合わせた。しかし、世界中でコロナウイルスが封鎖されたため、彼女はIckabogのストーリーを引き出し、更新し、共有することにしました。

見事なストーリーテラーから新しい物語を提供することに加えて-ローリングが「Ickabogは」スピンオフハリー・ポッターのではないことをTwitterでノートに速かった-リリースには、彼女の最年少のファンのための超楽しい要素が付属しています:イラスト競争。ローリングは、7歳から12歳までの世界中の子供たちに、11月に出版される予定の本の印刷版に掲載される可能性のある絵や絵画を提出するよう呼びかけています。

彼女はツイッターで、「でも、私のアイデアに誰もが拘束されていると感じてはいけません。あなたの想像力を駆り立ててください」と、絵の提案をするつもりだと書いています。ローリング自身が競争を判断することはありません。それは本の出版社に任されています。若いアーティスト(またはその両親と保護者)は、ハッシュタグ#TheIckabogを使用してTwitterで作品を共有することもできます。

ローリングは、コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた人々を支援するために、「TheIckabog」の販売からすべての使用料を寄付する予定です。

今それは興味深いです

『ハリー・ポッターと賢者の石』(英国では呼ばれる)は1997年6月26日に出版されました。このシリーズは世界中で5億部以上を売り上げ、最初の本はそのうちの約1億2000万部を担当しています。

Suggested posts

Where in the World Are You? Take our GeoGuesser Quiz

Where in the World Are You? Take our GeoGuesser Quiz

The world is a huge place, yet some GeoGuessr players know locations in mere seconds. Are you one of GeoGuessr's gifted elite? Take our quiz to find out!

ヴェネツィアビエンナーレは「芸術のオリンピック」です

ヴェネツィアビエンナーレは「芸術のオリンピック」です

世界で最も古い隔年の美術展であるヴェネツィアビエンナーレは、芸術の世界で新しいものすべてのショーケースであり、7か月の実行中に50万人以上の人々を魅了しています。

Related posts

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

この謎を解くことができますか?

この謎を解くことができますか?

ハウスタッフワークスでこの楽しいなぞなぞを理解できるかどうか見てみましょう!

Tags

Categories

Top Topics

Language