スネークハンドラーのしくみ

2015-06-30
ペンテコステ派の「SignsFollowing」の伝統のメンバーであるマック・ウルフォード牧師は、2011年9月2日にウェストバージニア州ジョロの主イエス教会で奉仕中にガラガラヘビを扱います。ウルフォードは翌年ガラガラヘビで亡くなります。一口。

ジェイミー・クーツ牧師は、[出典:バーネット]の前に9回噛まれていました。20年間、彼はケンタッキー教会で毒ヘビを扱いました。これは、21世紀に米国で「聖なる蛇の扱い」を実践しているおそらく100の会衆の1つです[出典:バーネット、ルイス、ウィルキング、エフロン]。ナショナルジオグラフィックの2013年のリアリティ番組「SnakeSalvation」に出演したCootsはかなり有名でしたが、一般的にメディアに恥ずかしがり屋の蛇ハンドラーの間では例外でした[出典:Burnett、Estep ]。

そのため、ガラガラヘビに刺された2014年のオオバンの死はメディアで報道され、宗教的なヘビの扱いに対する一般大衆の永続的な魅力を養いました。そして、その実践は魅力的です。なんとも真面目です。しかし、致命的なヘビを扱うのは彼らだけではありません。

科学者は、命を救う抗毒治療を生み出す毒のためにヘビを搾乳するか、収縮剤が獲物を殺したときに加えられる実際の圧力などのトピックを研究します[出典:MoonandMehta ]。ヘビの獣医は、完全に意識のあるヘビの喉に栄養チューブを滑り込ませます[出典:ペットプレイス]。誰かが裏庭の小屋で14フィート(4メートル)のパイソンを見つけたとき、ヘビの除去剤が現れます。

すべてのヘビが致命的であるわけではありません。ほとんどの人は、特に人と同じくらいの大きさの人には、かなり無害です[出典:Wexo ]。しかし、害を及ぼす可能性のある人は、それをひどく行うことができます。毒蛇は牙を使ってを注入します。毒は、極度の痛み、灼熱感、嘔吐、けいれん、組織死、麻痺、喉の腫れ、神経損傷、内出血、多系統臓器不全などの病気の組み合わせを引き起こします。効果[出典:Barish and Arnold、MedlinePlus]。収縮器は前方に進んで攻撃し、獲物を転がして、ヘビが後部の角度の付いた歯で体の部分に引っ掛かるときに獲物を固定します。次に、収縮器は獲物の周りに巻きつき、獲物が窒息、心停止、または脊椎骨折のいずれか早い方で死ぬまで締めます[出典:チーム]。

成長した人間を殺したり傷つけたりする可能性のあるヘビを自発的に扱うには、生計を立てるためであろうと神のためであろうと、特定のタイプの人が必要になる可能性があります。自信がある。リスクを受け入れる。ヘビを恐れていません。しかし、専門家と説教者は、実践に対して非常に異なるアプローチを取ります。専門家は、関係者全員の生存を重視する傾向があります。

コンテンツ
  1. 注意が支配する場所:プロのヘビの取り扱い
  2. 信仰の問題:ホーリネスサーペントハンドリング
  3. 蛇の取り扱い:悪いことが起こったとき
  4. ヘビの取り扱いリスク、再考

注意が支配する場所:プロのヘビの取り扱い

伝説のヘビハンドラーであるビルハーストは、1972年にコブラと1対1の時間を過ごしました。

安全で人道的なヘビの取り扱いは学んだスキルです。ヘビを噛まないようにする方法を知っているだけではありません。それはヘビを知ることについてです。

両生類と爬虫類を具体的に研究する科学者である爬虫類学者は、通常、生物学に関連する分野で高度な学位を取得し、爬虫類固有の追加トレーニングを行っています[出典:SSAR ]。「救助と再配置」とも呼ばれるヘビの除去の専門家は、あらゆる種類の環境でのあらゆる種類のヘビの識別、行動、および安全な取り扱いについて訓練を受けています[出典:AnimalArk ]。

ヘビの「ディスプレイ」(多くの場合、観客の参加を得て、道端のアトラクションで演奏したり、他のデモンストレーションを行ったりする人)の間では、専門知識はさまざまです。すべての州が業界を規制しているわけではありません。しかし、多くのヘビの展示者は何十年もの間ヘビを扱ってきており、一部は爬虫類学者です[出典:MacGuill、Schudel、Klinkenberg ]。

専門家は、ヘビを含む誰もが怪我をすることなく仕事を成し遂げることを目指しています。これは、可能な限りツールを使用することを意味します[出典:ハンター]。拡張ツールが標準です。ヘビのフックやトングは、毒ヘビを動かしたり表示したりしている間、毒ヘビを攻撃範囲から遠ざけることができます。獣医師は、検査や治療のために、ヘビの頭を柔らかく透明なチューブに固定するか、ヘビ全体をメッシュパネルの下に固定することがよくあります[出典:Hunter、SnakeGetters ]。動物園の飼育係は餌をやるトングを使って獲物を届けます[出典:シンシナティ動物園と植物園]。

ただし、搾乳には常にフリーハンドリングが必要です。つまり、ヘビを道具ではなく手で持つ必要があります。搾乳者は、親指と人差し指で、顎の骨が出会う場所の近くで、ヘビの頭の後ろをつかみます。これは(理想的には)頭を固定し、毒腺に指を置きます。次に、彼女は顎を内側に押して、ヘビの口を強制的に開き、瓶の上に張られたラテックス膜を通してその牙を押します。毒の流れを開始するために、彼女は腺をマッサージします[出典:Reptile World Florida、ZMEScience ]。

搾乳では、常に少なくとも2人のハンドラーが存在する必要があります[出典:WHO ]。バックアップは、あらゆるスネーク処理のコンテキストでスマートです。誰かが911にダイヤルするか、毒物を貯蔵している病院に車で行くか、スタンガンが到着するのを待つ間、ビルマニシキヘビの尻尾を水族館のハンドラーに巻きつけようとするのを少し妨げる必要があるかもしれません[出典:スタイン]。

収縮器の場合、専門家は、ヘビの5フィート(1.5メートル)ごとに少なくとも1つのハンドラー、アナコンダまたはアミメニシキヘビの3フィート(1メートル)ごとに1つを推奨します[出典:Flank ]。

あなたが生計を立てるために致命的なヘビを扱うとき、注意は仕事1です。あなたが神のためにヘビを扱うとき、そうではありません。ヘビの存在を除けば、実際、プロのヘビの取り扱いと「聖なる蛇の取り扱い」はほとんど同じようには見えません。

ビル・ハーストの贈り物

2011年に100歳で亡くなった「スネークマン」ビル・ハーストは、おそらく典型的なスネークハンドラーでした。彼のマイアミ蛇紋岩館で、彼は観光客のためにショーを行いました—しかし、それは本当にサイドギグでした[出典:Schudel、Martin ]。正式な科学の訓練を受けていなかったにもかかわらず、ハーストは何十年もの間、キングコブラ、ダイヤガラガラヘビ、グリーンマンバ、ブルークレイトなどを搾乳し、米国で最も優れた医療毒の供給者でした[出典:Schudel、Hunter ]。3年と69,000回の搾乳の後、彼はサンゴヘビの毒のパイントを届け、そのヘビの咬傷に対する史上初の抗毒素をもたらしました[出典:Miami Serpentarium Laboratories]。ハーストは最終的に、数十年にわたって毎日少量の毒を注射することによって自分の血液を毒の解毒剤に変え、彼の血液の輸血は少なくとも20人を救った[出典:Wells、Schudel ]。彼は70年代に医師と提携して、多発性硬化症やパーキンソン病などの症状に対する毒液由来の治療法を開発しましたが、約束を示したにもかかわらず、最終的に米国食品医薬品局によって禁止されました[出典:Schudel ]。

信仰の問題:ホーリネスサーペントハンドリング

1945年:ルイス・フォードがテネシー会衆のメンバーの首にガラガラヘビをかぶせた様子が示されています。フォードはその同じ年に彼が受けたヘビの咬傷で死ぬでしょう。

ほとんどの説明によると、聖なる蛇の取り扱いはテネシー州で1900年代初頭にさかのぼり、ジョージ・ヘンズリーという説教者がいます。彼は、伝説によれば、信仰の危機の真っ只中にあり、ある日、マルコによる福音書の言葉に取り組んでいました。 (マルコ16:18)—彼が向きを変えて毒ヘビを見たとき。彼はそれを拾うことを余儀なくされた。そして彼が無傷で立ち去ったとき、彼の信仰は無傷でした[出典:フィリップス、マリアーニ]。

命令は文字通りのようで、ヘンズリーは説教壇からその言葉を広めました。神に完全に従い、それゆえに救われるためには、「蛇を取り上げる」必要があります[出典:ロラー]。(運動の信者はまた、「致命的なもの」であるストリキニーネを飲みます[出典:マリアーニ]。)

1930年代までに、蛇の取り扱いはアパラチアでかなり広まった。1940年代までに、開業医の死亡が合算され、それは非合法化されましたが、その慣行は継続されました[出典:スコット]。

蛇のハンドラー—彼らは「蛇」よりも「蛇」を好む—は、ペンテコステ派の伝統にあるいくつかの福音派教会の1つに属しており、最も顕著なのは、次の兆候のある神の教会です[出典:ルイス]。彼らはヘビを扱うための道具を使用していません[出典:Handwerk ]。彼らは、信仰を除けば、安全対策をまったく採用していないようです。

ビデオは、ガラガラヘビとアメリカマムシを持っている開業医を示しています。これは、教会によって一般的に飼育されている品種で、ストライキの範囲内にあり、頭を動かそうとはしていません。オオバンは彼のヘビと顔を合わせることが知られていました[出典:マリアーニ]。テクニックには、ヘビを空中に持ち上げ、肩に掛けて、一度に3つか4つを処理することが含まれます。これらはすべて、トランスのような高揚感で上下にバウンドします[出典:CNN ]。

この経験は、平和と極度の喜びの1つであり、どの薬よりも強力な高さであると説明されています[出典:Loller、Burnett ]。

今日、数千人が蛇の取り扱いに同意していますが、すべての人がヘビを扱っているわけではありません[出典:ルイス、ウィルキング、エフロン]。蛇を取り上げることは、信仰を証明することではなく、神の命令に従うことであるため、ヘビを扱うように神から命じられたと感じていない人は、棄権することが期待されます[出典:スコット]。(ヘビの取り扱いは、他の点ではかなり典型的なペンテコステ派のサービスの一部にすぎません[出典:Handwerk ]。)

しかし、多くの人は蛇を取り上げます、そして彼らは彼らが怪我をするかもしれないことを知っています[出典:Handwerk ]。明らかです。

人間の法則

ホーリネスヘビの取り扱いは、それが実施されているほとんどすべての米国の州で違法ですが、法律はほとんど施行されていません[出典:バーネット]。教会の子供たちは「蛇を取り上げる」ことを許可されておらず、大人もそうする必要はありません。そのため、紛争が発生しない限り、当局はほとんど彼らを許可します。警察は1995年に28歳のメリンダブラウンがクーツ牧師の教会で噛まれた後に亡くなったときに調査しました。彼女の家族の何人かは彼女が治療を拒否したという目撃者の主張を信じなかったからです。起訴はありませんでした。3年後、ブラウンの夫は別の教会でヘビに噛まれて亡くなりました[出典:ミラー]。

蛇の取り扱い:悪いことが起こったとき

この草原のガラガラヘビは、その毒が搾乳されています。搾乳者も噛まれる可能性があります。

In more than a century of holiness serpent handling, about 100 people have died from bites [source: Duin]. It's hard to know how that compares to the number of people who've handled serpents. Still, considering their handling techniques and the fact that they almost always refuse medical treatment, that the death rate isn't higher seems a bit, well, miraculous [sources: Swaine, Wilking and Effron].

Anti-venom has a nearly 100 percent cure rate if it's administered in time [source: ZME Science]. Many congregants are bitten, but most survive despite refusing medical care. They commonly lose fingers or the use of a hand [source: Handwerk].

Some serpent handlers in the community do believe injury is punishment for sin or the result of human error — not releasing the serpent in time after the "spirit leaves them" [source: Loller]. But in the far more common view, it's completely out of their hands. They're obeying the word of God; whatever comes from it is up to him. If someone gets bitten, it's God's will. If someone dies, it was simply that person's time [source: Handwerk].

Injury isn't saved for the amateurs. Milkers get bitten all the time. Legendary showman and milker Bill Haast, owner of the famous Miami Serpentarium, survived at least 172 bites over 60-plus years, including one from a blue krait, whose venom makes a cobra's seem like Kool-Aid [source: Conservation Institute]. When a bite cost him his right index finger in 2003, he had to retire (at 92 years old) [sources: Hunter, Schudel].

In 2008 in Pakistan, conservationist Rafiq Rajput was killed by an Indian krait. He was moving the snake between cages when he was bitten, and the local hospital had no anti-venom [source: Hasan]. The same year, a 10-foot (3-meter) Burmese python at a Venezuelan zoo killed and partially swallowed an inexperienced handler who'd recklessly entered the snake's enclosure alone during a night shift [source: Telegraph]. In 2013, expert handler Dieter Zorn died within minutes of receiving multiple bites from an Aspic viper during a demonstration in France aimed at helping people overcome their fear of snakes [source: Sieczkowski].

Still, considering how often people handle deadly snakes and especially how many novices do it, one might wonder why there aren't more deaths. Jamie Coots had been bitten nine times before his death in 2014 [source: Burnett]. There is evidence that George Hensley received 400 bites before one killed him [source: Scott].

Maybe it is a miracle. Or maybe it has something to do with the snakes.

Snake Handling Risks, Revisited

There are herpetologists who believe holiness serpent handling is rigged. When a group from The Kentucky Reptile Zoo inspected the snake room at Coots' church, they found what they believed were mistreated, malnourished animals. Cages were dirty and overcrowded. Evidence suggested the snakes were not being fed or watered enough [source: Burnett].

空腹のヘビは、十分に餌を与えられたヘビよりも少ない毒を注入します[出典:ヘイズ]。一般的に不健康なヘビは攻撃する可能性が低く、それらが注入する毒はどれも強力ではありません[出典:バーネット]。

2013年、毒ヘビの飼育が違法であるテネシー州の当局は、ヘビを扱う説教者アンドリューハンブリンの教会を襲撃し、53匹のヘビを没収しましたが、そのすべてが健康状態が悪かったのです。多くは襲撃から数ヶ月以内に死亡した[出典:Smietana ]。(ハンブリンは違反で起訴されませんでした。)

ヘビを扱う教会でのストライキの数が比較的少ないことについて考えられるもう1つの説明は、次のとおりです。ヘビは、一部の人々が考えるほど攻撃的ではありません。

ヘビは人間を捕食しません[出典:WelcomeWildlife ]。彼らが攻撃するとき、それは自己防衛であり、ヘビが脅かされていると感じるとき、彼らは彼らを噛むよりもむしろ人間から逃げるでしょう[出典:SnakeGetters ]。毒ヘビは収縮器よりも大胆ですが、それでも逃げたいと思っています[出典:Hubbell ]。進化論的に言えば、壊れやすい骨のヘビを非常に簡単に殺すことができる大きな捕食者を攻撃する意味はありません。彼らがもたらすどんな危険も、ヘビ毒が効果を発揮する前に実を結ぶ可能性があります[出典:SnakeGetters ]。

毒も貴重です。ヘビは獲物を捕まえるためにそれを必要とするので、必要な場合にのみそれを使用します[出典:Kamler ]。約25%の確率で、ガラガラヘビやアメリカマムシなどのマムシが「ドライバイト」を引き起こします[出典:BarishandArnold ]。

おそらく、蛇の取り扱いは見た目よりも少し危険が少ないでしょう。あるいはそうではないかもしれません、そして彼らがより少ない信仰を持っていればより多くの人々が傷つくでしょう。または多分それはただの運が悪いです。スネークゲッターズの専門家の言葉で:

You can quite often get away with taking some pretty extreme liberties with a venomous snake. You can get inside its strike range ... and nothing may happen. Maybe you will get away with it a hundred times. The tragedy happens when the odds catch up to you the hundred and first time, and the snake ... does what it was perfectly capable of doing all along.

As for the rattlesnake that killed Pastor Coots, it was back in church the following week, in the hands of the late pastor's son [source: Kuruvilla].

The Charmers

The "snake charmers" of India, whose snakes rise from baskets and sway as their masters play the flute, could achieve the same effect if they were playing carrots. Snakes have no external ears; they can't hear a thing, as least not in the way we understand hearing. The snake sways because it's intensely focused on the flute, which is a strange, moving object looming above it, as a predator might. It's trying to keep a close eye on potential danger [source: Flintoff].

Lots More Information

Author's Note: How Snake Handlers Work

Some of the academics and journalists who have studied holiness serpent handling seem somewhat impressed with those who practice it, noting their faith appears to be exceptionally strong and sincere. That may very well be. There is the issue, however, of animal cruelty. If snakes are indeed kept in filthy conditions, seriously ill and apparently starving, concerns of animal abuse are warranted. It's possible that religious freedom protects the practice of snake handling, but it seems unlikely it also protects the practice of animal abuse in that context if the abuse is not necessary to the religious practice. Were the experts confronted with dogs in similar conditions, it would likely overshadow their keepers' impressive degree of faith. (And were the general public confronted with it, it would likely lead to criminal charges. Maybe if snakes had fur ...)

Related Articles

More Great Links

  • The Bible and Snake-handling - America Magazine, March 7, 2014
  • Bill Haast, a Man Charmed by Snakes, Dies at 100 - The New York Times, June 17, 2011
  • Society for the Study of Amphibians and Reptiles
  • Video: 14-foot albino python found in South Florida backyard

Sources

  • Animal Ark. "Venomous Snake Handling Training Course." (June 10, 2015) http://www.animalark.com.au/snake-handling-training-course
  • Barish, Robert A. and Thomas Arnold. "Snake Bites." Merck Manual: Consumer Version. (June 15, 2015) https://www.merckmanuals.com/home/injuries-and-poisoning/bites-and-stings/snake-bites
  • Bible Gateway. "Mark 16:16-18." (June 12, 2015) https://www.biblegateway.com/passage/?search=Mark+16%3A16-18&version=KJV
  • Burnett, John. "For Snake-Handling Preacher, 10th Bite Proves Fatal." NPR. Feb. 17, 2014. (June 20, 2015) http://www.npr.org/2014/02/17/278667290/for-snake-handling-preacher-10th-bite-proves-fatal
  • Burnett, John. "Serpent Experts Try To Demystify Pentecostal Snake Handling." NPR. Oct. 18, 2013. (June 10, 2015) http://www.npr.org/2013/10/18/236997513/serpent-experts-try-to-demystify-pentecostal-snake-handling
  • Burnett, John. "Snake-Handling Preachers Open Up About 'Takin' Up Serpents'." NPR. Oct. 4, 2013. (June 15, 2015) http://www.npr.org/2013/10/04/226838383/snake-handling-preachers-open-up-about-takin-up-serpents
  • CNN. "A look at the snake-handling churches of Appalachia." July 17, 2012. (June 20, 2015) https://www.youtube.com/watch?v=cwBVcsWYJd8
  • Discovery. "How to Escape from a Boa Constrictor." Naked After Dark. (April 27, 2014) https://www.youtube.com/watch?v=aTlftS9B7QA
  • Duin, Julia. "http://religion.blogs.cnn.com/2012/06/01/death-of-snake-handling-preacher-shines-light-on-lethal-appalachian-tradition/, title="Permanent Link:Death of snake handling preacher shines light on lethal Appalachian tradition">Death of snake handling preacher shines light on lethal Appalachian tradition." CNN: Belief Blog. June 1, 2012. (June 22, 2015) http://religion.blogs.cnn.com/2012/06/01/death-of-snake-handling-preacher-shines-light-on-lethal-appalachian-tradition/
  • Ernst, Carl H. and Evelyn M. Ernst "Venomous Reptiles of the United States, Canada, and Northern Mexico." JHU Press. May 3, 2011. Chapter 3: Treatment of Envenomation by Reptiles. p. 37. Available from: https://books.google.com/books?id=o8DTAQffi4UC&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false
  • Estep, Bill. "Snakebite death of Middlesboro pastor was quick, son says; medical treatment refused." Lexington Herald-Leader. Feb. 16, 2014. (June 15, 2015) http://www.kentucky.com/2014/02/16/3092068_jamie-coots-well-known-snake-handling.html?rh=1
  • Flank, Lenny. "Playing with the Big Boys: Handling Large Constrictors." Melissa Kaplan's Herp Care Collection. 1997. (June 11, 2015) http://www.anapsid.org/handling.html
  • Flintoff, Corey. "In India, Snake Charmers Are Losing Their Sway." NPR. Aug. 8, 2011. (June 10, 2015) http://www.npr.org/2011/08/08/139086119/in-india-snake-charmers-are-losing-their-sway
  • Freeman, Cameron. "Holiness Snake-handling: A Context for Pentecostal Epistemology." Cameron Freeman: Socio-cultural Anthropology. (June 15, 2015) http://cameronfreeman.com/socio-cultural/anthropology-religion-christian-tradition/context-pentecostal-epistemology/
  • Handwerk, Brian. "Snake Handlers Hang On in Appalachian Churches." National Geographic News. April 7, 2003. (June 10, 2015) http://news.nationalgeographic.com/news/2003/04/0407_030407_snakehandlers.html
  • Hayes, William K. "Research on Venom Expenditure and Strike Behavior of Snakes." Department of Earth and Biological Sciences, Loma Linda University. (June 20, 2015) http://www.llu.edu/medicine/ebs/hayes/research-a-snake-venom.page
  • Hasan, Abrarul. "In memoriam 20081028." Dawn. Oct. 28, 2008. (June 20, 2015) http://www.dawn.com/news/425828/in-memoriam-20081028
  • Hood, Ralph W. Jr. "Contemporary Serpent Handling Sects of Appalachia." Virginia Commonwealth University: World Religions & Spirituality Project. Oct. 16, 2012. (June 15, 2015) http://www.wrs.vcu.edu/profiles/SerpentHandlers.htm
  • ハッベル、クレア。「コスタリカのヘビにおける捕食回避行動:毒種と非毒種の比較。」テキサスA&M大学生物学部。2012.(2015年6月20日)http://www.bio.tamu.edu/COURSES/CostaRica/263Summer2012/pdf/Claire%20Hubbell%20Final%20Written%20Paper%202012.pdf
  • ハンター、クレイグ。「キーパーノート:動物園での毒ヘビの管理」ディッカーソンパーク動物園。2010年3月25日。(2015年6月20日)https://www.facebook.com/notes/dickerson-park-zoo/keeper-notes-managing-venomous-snakes-at-the-zoo/377358643526
  • ハンター、レイ。「ビル・ハースト氏を偲んで」ハンター蛇紋岩。(2015年6月20日)http://www.cobraman.net/33581.html
  • ジョブモンキー。「スネークミルカージョブズ」(2015年6月10日)http://www.jobmonkey.com/uniquejobs/snake-milker/
  • カムラー、ケネス。「極限を乗り切る:人間の持久力の限界への医者の旅。」ニューヨーク:セントマーチンズプレス、2004年。第1章:ジャングル。p。44.次のサイトから入手できます:https://books.google.com/books?id = f3HfRj0dYFcC&printsec = frontcover&source = gbs_ge_summary_r&cad = 0#v = onepage&q&f = false
  • クリンケンバーグ、ジェフ。「ラトラーの致命的な噛みつきは、有名なヘビのハンドラーの精神に沈みました。」タンパベイタイムズ。2013年12月31日。(2015年6月10日)http://www.tampabay.com/features/humaninterest/a-snake-handler-a-diamondback-and-48-vials-of-antivenin/2159124
  • ルイス、ジェームズR.「カルト、セクト、および新しい宗教の百科事典」。ニューヨーク州アマースト:プロメテウスブックス、2002年。(2015年6月22日引用)p。203-204。
  • ロラー、トラビス。「ケンタッキーのヘビハンドラーの死は信念を揺るがしません。」ポートランドプレスヘラルド。2014年2月26日。(2015年6月20日)http://www.pressherald.com/2014/02/26/kentucky_snake_handler_death_doesn_t_shake_belief_/
  • マックギル、ダン。「『蛇使い』は毒蛇のデモ中に死ぬ。」ローカル。2013年6月20日。(2015年6月20日)http://www.thelocal.de/20130620/50419
  • マリアーニ、マイク。「蛇の放蕩王」パシフィックスタンダード。2014年12月9日。(2015年6月20日)http://www.psmag.com/books-and-culture/prodigal-king-of-the-serpents-snake-handling-preacher-andrew-hamblin-95916
  • マルテンス、ジョンW.「聖書とヘビの取り扱い」。アメリカマガジン。2014年3月7日。(2015年6月10日)https://www.americamagazine.org/content/good-word/bible-and-snake-handling
  • マーティン、ダグラス。「ヘビに魅了されたビル・ハーストは100歳で死ぬ。」ニューヨークタイムズ。2011年6月17日。(2015年6月20日)http://www.nytimes.com/2011/06/18/us/18haast.html?_r=1
  • MedlinePlus。「ヘビに噛まれた」2014年1月13日。(2015年6月15日)http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/000031.htm
  • マイアミ蛇紋岩研究所。「伝説:ウィリアム・エドワード・ハースト。」(2015年6月20日)http://www.miamiserpentarium.com/legend.html
  • モーニー、ジリアン。「『蛇の救い』牧師は蛇咬傷で死ぬ。」ABCニュース。2014年2月16日。(2015年6月15日)http://abcnews.go.com/US/snake-salvation-pastor-dies-snakebite/story?id=22542243
  • ムーン、ブラッドR、リタS.メタ。「ヘビのくびれの強さ。」In:RW Henderson and R. Powell(Editors)、2007. Biology of the Boas and Pythons、p。207-212。から入手可能:http://mehta.eeb.ucsc.edu/wp-content/uploads/2013/11/BookChapter2007.pdf
  • ミラー、ジョシュア・レット。「ヘビの取り扱いは、ケンタッキー州の死後、宗教の自由と公安にスポットライトを当てています。」フォックス・ニュース。2014年2月26日。(2015年6月10日)http://www.foxnews.com/us/2014/02/26/snake-handling-puts-religious-freedom-public-safety-in-spotlight-after-ケンタッキー/
  • ナショナル・ジオグラフィック。「ボアコンストリクター」(2015年6月12日)http://animals.nationalgeographic.com/animals/reptiles/boa-constrictor/
  • ペットの場所。「爬虫類を治療する方法」2014年12月10日。(2015年6月20日)http://www.petplace.com/article/reptiles/general/illnesses-conditions-of-reptiles/how-to-medicate-your-reptile
  • フィリップス、ケーシー。「アニマルプラネットのドキュメンタリーの舗装された道を蛇で処理する教授の専門知識。」タイムズフリープレス。2012年2月5日。(2015年6月12日)http://timesfreepress.com/news/life/entertainment/story/2012/feb/05/0205e-professors-expertise-in-serpent-handling/69798/
  • レプタイルガーデンズ。「スネークショー」(2015年6月10日)http://www.reptilegardens.com/attractions/snake-show.php
  • 爬虫類の世界フロリダ。「MilkingDeadlyVenomousSnakes」(YouTubeビデオ)。2012年6月14日。(2015年6月20日)https://www.youtube.com/watch?v=CMLRizJnHbI
  • シューデル、マット。「ビル・ハーストは100歳で死ぬ:フロリダのヘビの男がヘビ咬傷の血清に毒を与えた。」ワシントンポスト。2011年6月18日。(2015年6月10日)http://www.washingtonpost.com/local/obituaries/bill-haast-dies-at-100-florida-snake-man-provided-venom-for-snakebite-serum /2011/06/18/AGgZjfaH_story.html
  • スコット、メアリー。「ヘビの取り扱いの「アパラチア現象」が説明されました。」USAトゥデイ。2014年2月17日。(2015年6月10日)http://www.usatoday.com/story/news/nation/2014/02/17/snake-handling-phenomenon/5571403/
  • サイドショウワールド。「スネークチャーマー」(2015年6月10日)http://www.sideshowworld.com/81-SSPAlbumcover/Snakes/Charmers-1.html
  • Sieczkowski、キャバン。「ヘビの専門家であるDieterZornは、ヘビ恐怖症を克服するためのプレゼンテーション中に毒蛇に噛まれた後に死にました。」ハフィントンポスト。2013年6月21日。(2015年6月20日)http://www.huffingtonpost.com/2013/06/21/dieter-zorn-dies-snake-bite_n_3478968.html
  • スメタナ、ボブ。「『蛇の救済』牧師アンドリュー・ハンブリンは起訴されない、裁判所は決定する。」宗教ニュースサービス/ハフィントンポスト。2014年1月9日。(2015年6月20日)http://www.huffingtonpost.com/2014/01/09/snake-salvation-pastor-court_n_4569309.html
  • スミス、BW「捕われの身の毒ヘビ:安全と畜産」[インターネット]。CreateSpace Independent Publishing Platform、2005年。(2015年6月12日)第5章:処理、操作、および抑制。"p。51-68。https://books.google.com/books?id=vKSikqLGsYsC&pg=PA51&sourceから入手可能= gbs_toc_r&cad = 4#v = onepage&q&f = false
  • スネークゲッター。「プロのヘビ処理ツールとテクニック。」(2015年6月10日)http://www.snakegetters.com/class/handling-tools.html
  • スネークゲッター。「より安全なヘビの取り扱いのヒント:「ヘビ実」をマスターする。」(2015年6月10日)http://www.snakegetters.com/class/handling-tips.html
  • スネークゲッター。「毒ヘビの取り扱い異端。」(2015年6月10日)http://www.snakegetters.com/hk/handling.html
  • スネークゲッター。「毒ヘビの拘束:チューブ状のヘビに対する獣医の処置。」(2015年6月20日)http://www.snakegetters.com/demo/tube/vet-tube.html
  • 両生類および爬虫類研究会(SSAR)。「爬虫類学者になる方法」(2015年6月20日)http://ssarherps.org/all-about-herps/how-to-be-a-herpetologist/
  • スタイン、ロビン。「仕事に戻って...危険と混ざり合っている。」タンパベイタイムズ。2007年1月21日。(2015年6月20日)http://www.sptimes.com/2007/01/21/Northpinellas/Back_at_work___mingli.shtml
  • スウェイン、ジョン。「ヘビを扱う牧師ジェイミー・クーツは、致命的な咬傷の後、「殉教者」と呼ばれました。」保護者。2014年2月17日。(2015年6月20日)http://www.theguardian.com/world/2014/feb/17/jamie-coots-snake-handling-pastor-martyr
  • チーム、ベン。「ボアコンストリクターのコイルはどれくらい強いですか?」デマンドメディア。(2015年6月20日)http://animals.mom.me/strong-coils-boa-constrictor-6639.html
  • 電信。「Pythonはカラカスの不注意な学生動物園の飼育係を殺します。」2008年8月26日。(2015年6月20日)http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/2622427/Python-kills-careless-student-zookeeper-in-Caracas.html
  • ウィルキング、スペンサー、ローレンエフロン。「ヘビを扱うペンテコステ派牧師はヘビの咬傷で死ぬ。」ABCニュース–ナイトライン。2014年2月17日。(2015年6月10日)http://abcnews.go.com/US/snake-handling-pentecostal-pastor-dies-snake-bite/story?id=22551754
  • Winzeler, Robert L. "Anthropology and Religion: What We Know, Think and Question" [Internet]. Lanham: AltaMira Press; 2012. (Accessed June 10, 2015) Chapter 5: Natural Symbols. p. 84-7. Available from: http://bit.ly/1BwQBWs
  • Welcome Wildlife. "All about snakes." (June 20, 2015) http://www.welcomewildlife.com/?folder=pages/urban%20wildlife/reptiles/snakes
  • Wexo, John Bonnett. "Snakes." Zoobooks/Wildlife Education. Nov. 1, 2001. (June 20, 2015) http://www.zoobooks.com/?page_id=1404
  • World Health Organization (WHO). "WHO Guidelines for the Production, Control and Regulation of Snake Antivenom Immunoglobulins." 2010. (June 20, 2015) http://www.who.int/bloodproducts/snake_antivenoms/SnakeAntivenomGuideline.pdf
  • ZME Science. "Antivenom: how it's made and why it's so precious." Sept. 30, 2014. (June 11, 2015) http://www.zmescience.com/other/feature-post/antivenom-made-precious/

Suggested posts

蘭のカマキリは花のように見え、「刺す」は蜂のように見えます

蘭のカマキリは花のように見え、「刺す」は蜂のように見えます

何十年もの間、科学者たちはこれらの昆虫がカモフラージュの一形態としてランに非常によく似ていると考えていました。しかし、彼らは間違っていました。彼らは欺瞞的な捕食者であるため、このように見えます。

ヌタウナギ:このウナギのようなスライムマシンは捕食者の悪夢です

ヌタウナギ:このウナギのようなスライムマシンは捕食者の悪夢です

とらえどころのないヌタウナギは穴や隙間に隠れることの達人ですが、その主な防御は、攻撃されたときに有害で窒息し、時には有毒なスライムを放出する能力です。

Related posts

グレートエスケープ!バストアウトして逃げ出した5匹の野生動物

グレートエスケープ!バストアウトして逃げ出した5匹の野生動物

ボルトを緩めてバストアウトできるオランウータン?動物園を歩き回るために囲いからブドウの木を登ったゴリラ?これらは野生動物であり、これらは彼らの野生の脱出物語です。

虫のホテルがあらゆる種類の虫のためのウェルカムマットを展開

虫のホテルがあらゆる種類の虫のためのウェルカムマットを展開

虫のホテルを作ることは、地元の虫や花粉交配者に住む場所を与え、あらゆる年齢の人々に超クールな庭のプロジェクトを提供します。

セキセイインコはとても社交的で、素晴らしいペットを作ります

セキセイインコはとても社交的で、素晴らしいペットを作ります

セキセイインコはインコと同じ種で、素晴らしいペットを作ります–そして、はい、彼らは話すのが大好きです!

ヨナグニサンはベヒモスであり、さらに5つの事実があります

ヨナグニサンはベヒモスであり、さらに5つの事実があります

ヨナグニサンは、最大12インチの翼幅を持つ、世の中で最大の蛾の1つですが、その翼の「コブラ」の顔は、そのサイズよりも捕食者にとってさらに恐ろしいものです。

Tags

Categories

Top Topics

Language