Sun Care

あなたはおそらく十分な日焼け止めをつけていません

あなたはおそらく十分な日焼け止めをつけていません

専門家が推奨するほど多くの日焼け止めを塗らない場合、SPF30はSPF15のように保護します。そして、ある研究によると、ほとんどの人は着る量が少なすぎます。しかし、とにかく適切な量は何ですか?

化学者たちは長持ちする日焼け止めを探しています

化学者たちは長持ちする日焼け止めを探しています

日焼け止めは何十年にもわたって私たちの肌を保護してきましたが、科学者たちはまだその光防護特性の複雑さについて疑問を持っています。

期限切れの日焼け止めは使用しても大丈夫ですか?

期限切れの日焼け止めは使用しても大丈夫ですか?

太陽の下で一日を過ごす準備をしていますか?昨年の日焼け止めに手を伸ばす前によく考えてください。たとえボトルがまだいっぱいであっても、ローションは永遠に続くわけではありません。やけどしないでください!

サンラッシュについて知っておくべき5つのこと

サンラッシュについて知っておくべき5つのこと

発疹について知っておくべきことと、それから身を守る方法をすべて学びましょう。

火傷の冷却:日焼けホームレメディ画像ギャラリー

火傷の冷却:日焼けホームレメディ画像ギャラリー

太陽。人々は何千年もの間それを崇拝してきました。しかし、前世紀になって初めて、人々は自分自身を金色の日焼けに焼くことによって太陽を崇拝しました。それはしばしば怒っている赤い火傷を覆い隠します。これらの写真をスクロールして、日焼けした家庭薬を探してください。

一目で:日焼け止めの丸薬は本当に機能しますか?

一目で:日焼け止めの丸薬は本当に機能しますか?

私たちは皆、過度の日光への露出についての警告を聞いたことがあります。しかし、多くの日焼け止めは汗やプールでの一日で洗い流されます。そのすべてのローションの代わりになる錠剤はありますか?

スプレー日焼けはどれくらい安全ですか?

スプレー日焼けはどれくらい安全ですか?

スプレー日焼けについて最初に知ったときのことを覚えています。ワクワクしました。ボトルの中でその輝く日焼けを得ることができたので、私はもはや外の光線について心配する必要はありません。

太陽のダメージから肌を守る10の方法

太陽のダメージから肌を守る10の方法

太陽は単にあなたに痛みを伴う日焼けを与えるよりもはるかに多くのダメージを与える可能性があります。あなたが安全に屋外で時間を過ごすことができるように、太陽への露出を簡単に最小化するいくつかの方法を学びましょう。

日焼けのための10の家庭薬

日焼けのための10の家庭薬

肌を太陽に過度にさらして日焼けした場合、これらの家庭薬はあなたをもう少し快適にすることができます。始めるために日焼けのための10の家庭療法を見てください。

あなたは日焼けに夢中になることができますか?

あなたは日焼けに夢中になることができますか?

日焼け中毒者は、習慣を助成するために家を万引きしたり強盗したりすることはできません。しかし、彼らの紫外線への依存症は、他の依存症と本当に違うのでしょうか?

日焼け:速報

日焼け:速報

日焼けに関する簡単な事実を入手し、その健康的な輝きが健康よりも有害である理由を見つけてください。

日焼け止めはどのようにして汗をかきませんか?

日焼け止めはどのようにして汗をかきませんか?

私たちのほとんどは、外に出るときは太陽から身を守るべきだと知っています。しかし、ビーチでの水泳やスポーツなどの多くの野外活動は、日焼け止めを洗い流すことができます。日焼け止めが汗に強いことは本当に可能ですか?

スプレータンニングのしくみ

スプレータンニングのしくみ

ブロンズの肌は、一部のサークルではデリゲールですが、日光浴や日焼けベッドへの露出のリスクがあるため、健康志向の人は何をしますか?スプレータンニングはどのようにあなたの色を濃くしますか、そしてそれは安全ですか?

日焼けの神話トップ5

日焼けの神話トップ5

日焼けベッドは太陽より多かれ少なかれ安全ですか?ベースタンはお肌を保護する良い方法ですか?ブロンズの輝きのためにあなたの皮を危険にさらす前に、あなたが日焼けについて知っていることを分かりやすく説明してください。

日焼け止めを塗るときによく見落とされる5つのスポット

日焼け止めを塗るときによく見落とされる5つのスポット

最も知識が豊富で勤勉な日焼け止めのユーザーでさえ、特定の場所で皮膚が焼けた素晴らしい屋外で一日から家に帰ることができます。私たちがSPFで自分自身を叩いているとき、私たちはどのスポットを見逃しがちですか?

日焼けの治療法

日焼けの治療法

雲に騙されないでください。晴れた日や曇りの日には日焼けする可能性があります。一日中外にいる場合は、1つのアプリケーションでは不十分です。しかし、やけどを負った場合の治療方法は次のとおりです。

日焼けを防ぐ方法

日焼けを防ぐ方法

日焼け止めを着用することは紫外線を遮断するためのよく知られた方法ですが、それはもはや日焼け止めの最後の言葉ではありません。太陽愛好家は他にどのような方法で肌の損傷を防ぐことができますか?

日焼け止めはどのくらいの頻度で塗る必要がありますか?

日焼け止めはどのくらいの頻度で塗る必要がありますか?

市販の日焼け止めは、有害な紫外線に対して利用可能な最高の保護のいくつかを提供します。しかし、その保護は実際にどのくらい続くことができますか?

肌の色素沈着の紹介

肌の色素沈着の紹介

肌の色は表面的なものかもしれませんが、私たちの全体的な健康に対する色素の影響は深くなる可能性があります。肌の色素沈着を理解することは、どのようにあなたの体を安全に保つのに役立ちますか?

サンブリスターのしくみ

サンブリスターのしくみ

ひどい日焼けによる水ぶくれがあった場合、それは楽しい経験ではないことをご存知でしょう。しかし、あなたが日焼け止めといくつかの常識で武装しているなら、太陽の水ぶくれは簡単に防ぐことができます。

Tags

Categories

Top Topics

Language